エリナー・ファージョン

人物・団体ページへ

天国を出ていく 岩波少年文庫

エリナー・ファージョン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784001140835
ISBN 10 : 4001140837
フォーマット
出版社
発行年月
2001年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
18cm,317p

内容詳細

〈現代のアンデルセン〉とも称されたファージョンの美しい自選短編集から、本巻には表題作ほか「コネマラのロバ」「サン・フェアリー・アン」「パニュキス」など13編を収める。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • たつや さん

    「本の小べや2」がよく見えず、まさか、一緒に借りた「ムギと王さま」と、同じ作者で同じシリーズとは知りませんでした。ので、魔法にかかった気分で一気読みですが、こちらは歌や呪文が多く、そこに引っ掛かってしまい、とても読みずらかったです。それ以外は挿絵も味があり、グリムやアンデルセンとは、味わいの違う素晴らしい童話でした。

  • シュシュ さん

    珠玉とは、こういう物語のことだと思う。読んでいる間、とても幸せだった。『生きることが、あまりにも重荷になったとき、世のさまざまなものの美しさが、…せまってきて、パキュニスの笑い声が、…天から、地から、「もっとたのしそうに、もっとたのしそうに!」とよびかけることのあるのを。』 特に好きなのは『天国を出ていく』『小さいお嬢さまのバラ』『ねんねこはおどる』『サン・フェアリー・アン』『しんせつな地主さん』『パキュニス』

  • ぱせり さん

    (再読) こっちの巻では「ねんねコはおどる」「ボタンインコ」「サン・フェアリー・アン」が特に好き。どのお話の主人公達も(王さまだろうと木こりだろうと!)それぞれに、濁りない目で、自分にとって本当に価値あるものをちゃんと知っている、そんな気がして、読んでいるだけで、心から幸せになるのです。

  • 秋 さん

    雨だれのような文章だなと思う。楽しげに跳ねたり、悲しげに響いたり。一気に読んでしまったけれど、毎晩眠る前に一編ずつ読みたかった。あるいは、雨の音を遠く聞きながらミルクティーを片手に、とか。こういうお話は、発想が自由で色々な世界を飛べるから楽しい。

  • KiKi さん

    この本、一つ一つの物語もキラキラしていてとっても素敵なんだけど、それよりなにより惹かれてしまうのは挿絵です。  どれ1つをとってもため息ものなんですよね〜。  モノクロ(表紙は彩色されているけれど、それでも色数をぐっとおさえてある)なのに、色が浮かび上がり、静止画なのに空気や風が香り立つような感じ・・・・・とでもいいましょうか。 そしてそれにさらに輪をかけて素晴らしいのが石井桃子さんの美しい日本語です。  これにはもちろん著者であるファージョン自身の持っている品格・・・・のようなものも大いに寄与している

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

エリナー・ファージョン

1881‐1965。英国ロンドンで人気作家の父のもとに生れる。若い頃から脚本や詩集を執筆し、40歳のときに『リンゴ畑のマーティン・ピピン』で作家としての地位を確立する。その他の作品に『本の小べや』(カーネギー賞受賞)などがあり、すぐれた児童文学者として第1回国際アンデルセン賞を贈られる

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品