エリック・ウィリアムズ

人物・団体ページへ

帝国主義と知識人 イギリスの歴史家たちと西インド諸島

エリック・ウィリアムズ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784000264044
ISBN 10 : 4000264044
フォーマット
出版社
発行年月
1999年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 壱萬縁冊 さん

    1964年初出。歴史研究において究極的に重要なことは、頭脳よりも情熱(G頁)。重商主義論の核心は、国家繁栄は自国に有利な貿易収支の達成(1頁)。ラスキン『建築の七灯』1849年の中で、鉄の静脈と鼓動する動脈が人を都市へ送り、密集させていると指摘した(28−29頁)。東京一極集中も耳が痛いのでは。スタッブズは、「歴史研究にとって真に対象となるのは、人間性の真の成長が跡づけられる国家や制度の研究」(47頁)。アクトンも、レイシは暴力と残虐から同意と協同、慈愛、理性的説得に方向づけられていると述べた(48頁)。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

エリック・ウィリアムズ

1911年、トリニダード生まれ。クィーン・ロイヤル・カレッジ卒業後、政府の奨学金を得てイギリスのオックスフォード大学に入学。歴史学科に在籍し、1938年に博士号を取得。1962年、トリニダードがイギリスから独立すると同時に初代首相に就任、1981年に没するまでずっと国家元首を務めた。独立等、国家への

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品