エリザベス・ローズ

人物・団体ページへ

ウィンクルさんとかもめ 大型絵本

エリザベス・ローズ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784001108866
ISBN 10 : 4001108860
フォーマット
出版社
発行年月
2006年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
25cm,1冊(ページ付なし)

内容詳細

魚がとれなくなっても、おんぼろの船で海へ出続けるウィンクルさん。ある日、しきりに鳴くカモメの後を追っていくと…。ユーモア溢れる人間描写、大胆な海の絵が印象的な絵本。ケイト・グリーナウェイ賞受賞作。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 小夜風 さん

    【図書館】「トラのじゅうたんになりたかったトラ」の絵がとっても良かったので、ジェラルド・ローズさんの他の絵本を…。やっぱり絵が良いな♪どことなく懐かしく感じます。魚屋の猫の痩せてるところと太ったところが可笑しかった♪

  • おはなし会 芽ぶっく  さん

    おんぼろの船サリー号、いつもカモメにえさをやっている、魚はあまりとれない漁師のウィンクルさんはm友達がひとりもいません。ある日魚が全くとれない日が続きましたが、ウィンクルさんは欠かさず漁に出ます。するとカモメが集まってきて、魚のいる場所を教えてくれました…。カモメの恩返しというところでしょうか?魚が戻ってきたことをみんなに知らせるウィンクルさんは立派です。 7月第3月曜日は『海の日』

  • 遠い日 さん

    やさしいウィンクルさんの心根がしみるお話だ。周りの漁師たちにいつもバカにされていながらも、ちゃんと豊漁をみんなと分かち合うウィンクルさん。これこそが海の男だ。

  • いっちゃん さん

    ウィンクルさんにだけ魚がとれるのかと思ったら、ウィンクルさん、良い人。みんなに教えてあげるんやね。

  • ヒラP@ehon.gohon さん

    ウィンクルさんの古びたボートと、カモメに餌をやる姿は、人々からするとバカにされるようなところがあったのでしょうか。 町の暮らしとは相いれないウィンクルさんの生き方に素晴らしさを感じました。 さかなが全くとれなくなって、人々が困った時、カモメたちはウィンクルさんを助けてくれました。 自然は偉大です。 ウィンクルさんが人々に理解されるきっかけがあって良かったと思います。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品