エリザベス・ローウェル

人物・団体ページへ

もう一度愛の歌を MIRA文庫

エリザベス・ローウェル

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784596912770
ISBN 10 : 4596912777
フォーマット
発行年月
2008年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
15cm,286p

内容詳細

人気歌手のアラーナは、仕事上のパートナーでもある夫ジャックの死亡事故以来、悪夢に苦しめられていた。事故が起きた前後6日間の記憶がないが、何か恐ろしいことがあった気がする。活動を休止し、療養していたアラーナのもとに、故郷の牧場に戻るよう弟から懇願の電話が入る。計画中の新規事業を手伝ってほしいというのだ。なかば強引に了承させられ、故郷の地に降り立ったアラーナ。だが彼女の前に、思いがけない人物が現れた。彼の名はラフ。かつて誤りの死亡通知によってその仲を引き裂かれた、アラーナの初恋の相手だった。

【著者紹介】
エリザベス・ローウェル : 1975年にアン・マックスウェル名義でデビュー。82年よりエリザベス・ローウェルとしてロマンスを書きはじめる。NYタイムズなどベストセラーリストの常連で、受賞歴も豊富。創作範囲はロマンス、SF、ミステリー、歴史小説、ファンタジーなど多岐にわたる。同じく作家である夫との共著もある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ちゃろ さん

    ???再読。夫が亡くなった日の前後7日間の記憶がない。面白い設定でサクサク読めた。釣りの話しが時々出てくるが、興味ないので、その部分だけ流し読み。最後ヒーローとヒロインがやっと結ばれた後、ヒーローが憤慨して出て行っちゃった。マイナスポイント。

  • カサブランカ さん

  • こえん さん

    部分的な記憶を喪ってるヒロインと、ヒロイン元婚約者のヒーロー。記憶をなくしているという設定は結構好きなんだけど、このお話は、ヒロインの選択に納得がいかなかったので、なんだかスッキリしない展開に感じられた。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

エリザベス・ローウェル

1975年に処女作を発表して以来、ロマンス小説、SF、歴史小説、ミステリなど、幅広いジャンルにわたる50冊以上の作品を世に送り出してきたアメリカのベストセラー作家。現在はワシントン州のシアトルに夫エヴァンとともに居を構えている

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品