エリザベス・ロジャーズ

人物・団体ページへ

the green book

エリザベス・ロジャーズ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784838718665
ISBN 10 : 4838718667
フォーマット
出版社
発行年月
2008年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
19cm,238p

内容詳細

ビジネスも人生もエコに強い人ほど成功する。本書は、地球温暖化を防ぐための321の知恵を紹介。誰にでもわかりやすく、実行しやすい推進法。キャメロン・ディアスvsウィリアム・マクドノーの対談も収録。

【著者紹介】
エリザベス・ロジャーズ : 米国最大の環境保護団体「天然資源保護協会」で活動を続けるとともに、音楽専門チャンネルのMTVではエコフレンドリー番組「トリッピン」をプロデュース。現在は環境コンサルタントとして、日々、人々の習慣を変えるための努力を続けている。カリフォルニア州のヴェニスに在住

トーマス・M・コスティジェン : 金融情報サイト「ダウ・ジョーンズ・マーケットウォッチ」のコラム「倫理モニター」を執筆するベテラン経済ジャーナリスト。以前は『ブルームバーグニュース』の編集者だった。世界の多くの刊行物に、記事や論文を発表している

高橋由紀子 : 慶応義塾大学文学部卒業。米国カリフォルニア州や各国大使館、国際機関などで日本語教師を務めた後、翻訳に携わる

枝広淳子 : 東京大学大学院教育心理学専攻修士課程修了。環境問題に関する講演、執筆、翻訳等の活動を通じて「伝えること、つなげること」でうねりを広げつつ、行動変容と広げるしくみづくりを研究。地球環境の現状や世界・日本各地の新しい動き、環境問題に関する考え方や知見を環境メールニュースで広く提供中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 鷯 さん

    環境問題に対して、エコアクションを起こす場合に、社会のシステムを変える方法と、個人のライフスタイルを変える方法があるけど、この本はひたすら後者について書かれた本。どんなことをしたらどれだけ資源が節約できるかというデータは細かく書かれているけど、例えば水に関して、節約した分でダムがいらなくなるとかではなく、どれだけの人に配れる量になるかという表現は虚しい。アクションを起こそうと思った時に目次から項目を探し易いのは便利な点。アメリカと日本で国内事情が違う部分はカッコ書きで文末に補足されているのはとても親切。

  • 僕素朴 さん

    逆説的に、一般的なアメリカ人の生活がいかに非エコかよくわかる本。無駄に電気つけて、シャワー流しっぱなしで、使い捨てプラスチック容器やカトラリーを使いまくる。日本版だからかオリジナルにもあるのか、日本はお手本としてよく紹介されていた。生活シーン別TIPS集なんだけど、一つ一つデータをつけているのが地味に凄い(計算の根拠まで載せてたらもっと凄いっていうか資料価値が上がるんだけど)。メモ:環境オタクを揶揄する言葉だったtree huggerが有名エコサイト名に。http://www.treehugger.com

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

エリザベス・ロジャーズ

米国最大の環境保護団体「天然資源保護協会」で活動を続けるとともに、音楽専門チャンネルのMTVではエコフレンドリー番組「トリッピン」をプロデュース。現在は環境コンサルタントとして、日々、人々の習慣を変えるための努力を続けている。カリフォルニア州のヴェニスに在住

プロフィール詳細へ

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品