エリザベス・フェラーズ

人物・団体ページへ

亀は死を招く 論創海外ミステリ

エリザベス・フェラーズ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784846019006
ISBN 10 : 4846019004
フォーマット
出版社
発行年月
2020年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
272p;20

内容詳細

戦争で婚約者を失った女性ジャーナリストを見舞う惨禍と逃げ出した亀を繋ぐ“失われた輪(ミッシングリンク)”を探し出せ! 女流本格エリザベス・フェラーズのノン・シリーズ長編“ Hunt the Tortoise”が70年の時を経て初邦訳!

目次
亀は死を招く
訳者あとがき

著者プロフィール
エリザベス・フェラーズ (エリザベス フェラーズ) (著/文)
本名モーナ・ドリス・マクタガート。別名義にE.X.フェラーズ。1907年、ミャンマー、ヤンゴン生まれ。6歳の頃、英国へ移住し、ロンドン大学でジャーナリズムを専攻。1930年代にモーナ・マクタガート名義の普通小説で作家デビューし、ミステリ作家としては、「その死者の名は」(40)が処女作となる。英国推理作家協会(CWA)の創設メンバーとしてミステリの普及に尽力し、1977年にはCWA会長を務めた。代表作に「猿来たりなば」(42)、「カクテルパーティー」(55)など。95年死去。

稲見佳代子 (イナミカヨコ) (翻訳)
大阪外国語大学イスパニア語学科卒。翻訳書に『赤き死の香り』や『サンダルウッドは死の香り』(ともに論創社)がある。



【著者紹介】
エリザベス・フェラーズ : 1907‐1995。本名モーナ・ドリス・マクタガート。別名義にE.X.フェラーズ。ビルマ、ラングーン(現在のミャンマー、ヤンゴン)生まれ。6歳の頃、英国へ移住し、ロンドン大学でジャーナリズムを専攻。1930年代にモーナ・マクタガート名義の普通小説で作家デビューし、ミステリ作家としては、「その死者の名は」(40)が処女作となる。英国推理作家協会(CWA)の創設メンバーとしてミステリの普及に尽力し、1977年にはCWA会長を務めた

稲見佳代子 : 大阪外国語大学イスパニア語学科卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • あさうみ さん

    感想が難しい…ネタばれしないように伝えるのが難しい!戦後、南フランスのホテルが舞台。宿泊客は一見普通の旅人だったり、バカンスっぽいので最初は「ミステリー…?」と首をかしげたが次第に奇妙な会話と行動、突如あらわれる宝石、そして亀…殺人。真相が明らかになると「なるほど」とフェラーズらしさを感じる。

  • cinos さん

    謎だらけの登場人物たちで、3分の1たってやっと謎の宝石が出現するという事件らしいことが起こり、そして人が殺されます。ちょっと読みにくくて、物語が入ってこなかったです。何が起きているのか、謎だらけの不思議なミステリでした。

  • tokyo-zodiac さん

    戦争も終わり、9年ぶりにフランスのラ・マレットの地を踏んだ英国人女性ジャーナリストのシーリア・ケントは、ホテル・ビアンニュブのオリヴィエ一家に歓待される。9年前は支配人だったオリヴィエ夫妻も今は隠退し、息子のジャックとその嫁のクローデットに経営を任せている。だがジャックは最近一攫千金を狙って、財宝が積まれているという沈没船採掘の権利を持つピエール・ジャメというカナダ人ダイバーのスポンサーになり、両親の蓄えを食い潰しているという。そんなある晩、シーリアはジャックのポケットからこぼれ落ちた首飾りを拾いあげ…

  • nightowl さん

    懐かしのホテルを訪れたヒロイン。しかし、かつての面影は無く殺伐とした雰囲気がその場を覆っていた。隠された事実とは何なのか?後期フェラーズはぴりぴりしたパトリシア・モイーズのような持ち味らしい。「魔女の不在証明(アリバイ)」同様リゾート地に集う胡散臭い人々を書かせたらお手の物。真相がわかると怖い伏線はしっかりしているものの、ある点でがちがちの本格好きよりサスペンス好き向けの一冊。

  • ヨッシー さん

    新刊11冊目

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品