わが終わりにわが始めあり 不滅の女王メリー・スチュアート 上

エリザベス・バード

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784892055164
ISBN 10 : 4892055166
フォーマット
出版社
発行年月
2006年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,371p

内容詳細

ヨーロッパ近世の黎明期、運命に抗い、宿命に殉じて、愛と誇りと冒険に生き、断頭台に消えるまで、スコットランド最後の女王メリーの波乱万丈の生涯を鮮烈に描く。読み出したら止まらない魅惑の歴史小説。

【著者紹介】
エリザベス・バード : 20世紀、英国を代表する歴史小説家

大藏雄之助 : 1931年生まれ。一橋大学大学院修了後、東京放送入社。モスクワ支局長、報道局長を経て退職後、東洋大学教授。異文化研究所代表、杉並区教育委員会、評論家・作家・翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • viola さん

    スコットランド女王メアリ・スチュアートの歴史小説。ツヴァイクの伝記よりも、此方の方が面白かった!「メリー」となっているので検索に引っかかりにくいのが残念。結局、この人の悲劇というのはいろんな意味で「人を見る目がなかった」に尽きるのか。ダーンリーを推し進めたのは実はエリザベス一世というのにはびっくり。きっとこれは設定だと思うのだけれど・・実際にそうだとしたら、凄すぎる。ダーンリーに出会うずーっと前に、メアリはボズウェルに出会っており、既に惹かれていた様子。そこのところももうちょっと調べてみよう。

  • 星が原ルビ猫 さん

    面白そうかなと思ったけど途中で飽きた。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

エリザベス・バード

20世紀、英国を代表する歴史小説家

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品