エリザベス・ジャミソン・ホッジズ

人物・団体ページへ

セレンディピティ物語 幸せを招ぶ三人の王子

エリザベス・ジャミソン・ホッジズ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784894345126
ISBN 10 : 4894345129
フォーマット
出版社
発行年月
2006年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
22cm,234p

内容詳細

父が息子に与える厳しくも心温かい難問の数々、旅先で出会う迷子のラクダ、摩訶不思議な怪物たち…。多くの科学者、芸術家たちが好んで使う言葉「セレンディピティ」の語源となった、3人の王子の冒険物語。

【著者紹介】
エリザベス・ジャミスン・ホッジス : 1908年、ジョージア州アトランタ生。その後アメリカ各地やプエルトリコ、日本、中国などを遍歴、ヨーロッパ各地を旅行。ラドクリフ・カレッジとシモンズ・カレッジの図書館学を修めた後、図書館司書となり、マサチューセッツ州アーリントンのロビンズ図書館の司書などを経験。1999年、没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Tatsuo Mizouchi さん

    ☆☆☆ セレンディピティの語源となった物語り。三人の王子なんだけど、宝塚のバウ・ワークショップでやれば面白そう。

  • 浮草 さん

    子供にも読めそう。努力、謙譲などの上に運がやって来るのね。

  • みなず さん

    心友から借りて、一気読み。セレンディピティとは、幸運を招き寄せる能力のこと。まえがきの、美智子皇后が詠んだうたに、まずヤラれた。

  • lily さん

    デリランマは、いわゆる「空気を読まない」発言でまわりのひんしゅくを買い、王の怒りに触れる。しかし王は反省し……

  • yuka さん

    serendipityという英単語を知って以来、知りたいと思っていた「セレンディップの3人の王子」の物語。図書館にて偶然発見。3人の王子と言う所から、「三本の矢」を連想していたけれど、これは1人ずつがそれぞれの才能を使って問題を解決していく物語で文化の差みたいなものも感じた。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

エリザベス・ジャミソン・ホッジズ

米国ジョージア州アトランタ出身。司書として働く一方、1964年、児童向けに『セレンディップの三人の王子』を執筆。日本・中国・ヨーロッパなどに滞在。1999年、91歳で永眠

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品