エリオット・ラスティ・ハロルド

人物・団体ページへ

XMLクイックリファレンス

エリオット・ラスティ・ハロルド

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784873111131
ISBN 10 : 4873111137
フォーマット
発行年月
2002年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
21cm,727p

内容詳細

本書は、XMLの無限の可能性を最大限に利用するためのリファレンスガイドです。すべてのXML文書および文書作成者が守らなければならないXMLのルールをわかりやすく解説します。整形式のXML、DTD、名前空間といった基本的なXML標準から、XMLスキーマ、XSLT、XPath、XLink、XPointer、CSS、XSL‐FO、RDDLなどの実用的な技術、Unicodeについての知識、さらにはSAX、DOMといったXMLプログラミング関連の知識まで実例を挙げながら包括的に解説するので、XMLに対する理解もさらに深くなるでしょう。リファレンスとしても使いやすく、XML技術者はもとよりXMLを学ぼうとしている方なら常に手もとに置いておきたい必携の一冊です。

目次 : 1部 XMLのコンセプト(XML入門/ XMLの基本 ほか)/ 2部 文書中心の文書(文書書式としてのXML/ WebにおけるXML ほか)/ 3部 データ中心のXML(データ形式としてのXML/ XMLスキーマ ほか)/ 4部 リファレンス(XML1.0リファレンス/ スキーマリファレンス ほか)

【著者紹介】
エリオット・ラスティ・ハロルド : ブルックリンの近くのProspect Heightsに住んでいる。ニューオーリンズ出身。現在、Polytechnic大学のコンピュータサイエンスの助教授として、Javaとオブジェクト指向プログラミングを教えている。彼のCafe au Lait(カフェオレ)Webサイトは、最も人気のあるインターネット上の独立系Javaサイトの1つとなり、彼のCafe con Leche(カフェコンレチェ)Webサイトは、最も人気のあるXMLサイトの1つになった

W・スコット・ミーンズ : ソフトウェア開発者としての最初は、Microsoft社であった。それは、1988年、17歳のときである。MicrosoftのOS/2とWindowsNT、両方のオリジナルの開発者のひとりであった。また、Advanced Technology and Business Development GroupのためのMicrosoft Networkの初期設計と開発にもかかわっている。1998年からは、XMLとインターネットのコンサルタントを始めた。著作には、XMLに関する本が3冊ある。現在、南カリフォルニアにあるEnterprise Web Machines社のプレジデント兼CEOを務めている

瀬尾明志 : 日本ユニシス株式会社勤務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

エリオット・ラスティ・ハロルド

国際的に著名なライター、プログラマー、教育者。UsenetのMacintoshニュースグループのFAQリストから執筆を開始し、それ以降も本、Webサイト、およびニュースレターを手掛ける。ブルックリンにあるPolytechnic UniversityでJavaとオブジェクト指向プログラミングを教えてい

プロフィール詳細へ

建築・理工 に関連する商品情報

おすすめの商品