エリオット・チェイズ

人物・団体ページへ

天使は黒い翼をもつ 扶桑社ミステリー

エリオット・チェイズ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594083595
ISBN 10 : 4594083595
フォーマット
出版社
発行年月
2019年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
317p;16

内容詳細

明日なき逃亡、破滅への傾斜、究極の愛憎劇――!

故・小鷹信光氏がこよなく愛した、
忘れられたノワールの傑作が、
ついにそのヴェールを脱ぐ!!

巻末に、評論家・吉野仁氏による18頁に及ぶ渾身の解説付き!


M・A・コリンズ、バリー・ギフォード、ビル・プロンジーニ他、各氏絶賛!

「完全無欠の小説」――エド・ゴーマン

「私が〈ブラック・リザード叢書〉の編集者として、最も復刊したかった一冊こそが、この『天使は黒い翼をもつ』だった」――バリー・ギフォード

「エリオット・チェイズは、優れた散文家のスタイリストで、機知に富み、ノスタルジックで、不敬で、第一級のストーリーテラーだ」――ビル・プロンジーニ

「一読忘れがたいのは、『郵便配達は二度ベルを鳴らす』並みに強烈な、恋人たちの猫と鼠の関係だ。……ティムとヴァージニアの本能的な結びつきと比べれば、すべての要素は最終的には些細なことに思える」――ワシントン・ポスト

「流れの速い物語、セックス、すぐれた描写による文章など、独自の良さとすべてかねそなえている」――マックス・アラン・コリンズ



ホテルで抱いた女は、三日して部屋を出るとき、俺と一緒だった。
最初は、南へ向かう旅の途中で捨てるつもりだった。
でも「悪い金なんてない」と言い放つ女には見るべきものがあった。
俺には計画があった。
一緒に脱獄するとき命を落とした仲間が残した、とびきりのヤマが。
そして、計画には相棒が必要だ……。

80年代に再発見され、
「完璧なる強盗小説」と激賞された究極のノワールが、
ついにそのヴェールを脱ぐ。
故・小鷹信光氏が心から愛した
破滅と愛憎の物語を魂に焼き付けよ!
〈解説・吉野仁〉

【著者紹介】
エリオット・チェイズ : 1915年ルイジアナ州生まれ。従軍時は日本の占領軍に参加。戦後、作家として活動を開始し、1953年に発表した『天使は黒い翼をもつ』でゴールド・メダル・ペイパーバック賞を受賞。その後、コラムニスト、ジャーナリスト、編集者として活躍したのち、1980年代にはミステリーの執筆に復帰した。1990年、74歳で死去

浜野アキオ : 1961年、宮城県生まれ。京都大学文学部卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Schunag さん

    大傑作。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

エリオット・チェイズ

1915年ルイジアナ州生まれ。従軍時は日本の占領軍に参加。戦後、作家として活動を開始し、1953年に発表した『天使は黒い翼をもつ』でゴールド・メダル・ペイパーバック賞を受賞。その後、コラムニスト、ジャーナリスト、編集者として活躍したのち、1980年代にはミステリーの執筆に復帰した。1990年、74歳

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品