もう一つの審判 カフカの「フェリーツェヘの手紙」

エリアス・カネッティ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784588120428
ISBN 10 : 4588120425
フォーマット
出版社
発行年月
1990年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
183p;20

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 優希 さん

    カフカ論といった感じの1冊になるのでしょうか。カフカとフェリーツェの関係と手紙によって読み解かれていくのは、その実生活で刻まれる時間のように思えます。作品と繋がるところがあるとするならば、身近な大切な人をも傷つけてしまうことに繋がるような気がしました。それでもこのような恋愛論が存在するのは何よりもカフカが必要としてきたことそのものと言えますね。何より『審判』が読みたくなりました。

  • Tonex さん

    ノーベル文学賞作家エリアス・カネッティによるカフカ論の古典。カフカ本の参考文献でよくタイトルを見かけるので読んでみた。「謎とき『審判』」といった感じの内容を期待したら、「『フェリーツェへの手紙』を読む」といった感じの内容だった。

  • zferati さん

    小説やアフォリズムに見出されるカフカの異常なまでの敏感さが実生活においても弛緩することなくそのまま維持されているとすれば、カフカの身近にいながらも傷付かないでいられる人間はいないのではないか。そもそもカフカが何よりも必要としていたのは何によっても脅かされることのない無防御でいられるひとつの部屋であり、そこにはカフカ以外の人間が入り込める余地ははじめからありそうにない。そのことを思うと、『審判』を読み解く著者の言説を差し置いて婚約者フェリーツェの不憫さが際立ってくる。彼女の印象を掴みきれないのがもどかしい。

  • 弟子迷人 さん

    D/Gなどに挫折した人も、これでカフカ評論に入るとよいです! 『絶望名人カフカ』の頭木さんも大推薦の、カフカ評論の白眉☆

  • ゆれる さん

    作家としてどうしても選択しなければならなかった伴侶という意味でカフカにとってのフェリーツェとチェーホフにとってのオリガはかなりの部分において近い存在なのではないか。気質もどこか似ている気がする。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

エリアス・カネッティ

1905年、ブルガリアのスパニオル(15世紀にスペインを追われたユダヤ人の子孫)の家庭に生まれ、少年時代をヨーロッパ各地で過ごし、ヴィーン大学で化学を専攻、のちイギリスに亡命し、群衆・権力・死・変身をテーマにした著作をドイツ語で発表。1994年8月14日チューリッヒで死去、89歳。1981年度ノーベ

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品