エラリー・クイーン

人物・団体ページへ

エラリー・クイーン 集英社文庫

エラリー・クイーン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087485622
ISBN 10 : 4087485625
フォーマット
発行年月
1997年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
295p;16

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • セウテス さん

    世界の名探偵コレクション第7弾。「エラリー・クイーンの冒険、新冒険」からの6作品。「芸術としての殺人」は、バーナビー・ロスとエラリーが、別人と思われていた時代のコラムの一文。本作で読める事は大変貴重であり、エラリー氏がほくそ笑んでいるのが見える様です。「黒の1ペニー切手の冒険」は、エラリー氏の記念すべき初短編作です。「読者への挑戦状」は、彼が編み出した本格ミステリーの仕掛けであり初期の作品の特徴です。論理的推理に基づいていながら意外な真相にたどり着く、これが本格ミステリの醍醐味であると教わった作者です。

  • α0350α さん

    再読です。何度も読んでいる気がしますが、やっぱり面白いです。ニッキーもののさらっと読める軽さが良いですね。

  • エチゴヤ さん

    仮病に象皮病が使われるのはなんでなんだろう・・・。

  • 宮院薫 さん

    ながいながい間、探し続けていた「は茶め茶会の冒険」が収録されていて、狂喜乱舞して買いました。別の文庫を探していたのですが、もしかしたらい存在しないのでは、と思いかけてたところでこの文庫を見つけました。ほとんど幻の短編と化すところだったので読めて嬉しい。そして思いもよらなかったラジオの脚本まで。貴重な一冊です。なんと1997年に刊行されているこの文庫の存在を知らなかった自分の不明が恥ずかしい。他の作家の分も探します。

  • ゆん さん

    「いかれ帽子屋のお茶会」アリスが好きなので、アリスベースの(しかも鏡〜!)面白かった「黒の1ペニー切手の冒険」「人間が犬を噛む」どちらも今でも使われそうなトリックだけど読ませる!流石クイーン。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

エラリー・クイーン

1905年ニューヨーク生まれ。同い年のいとこ、フレデリック・ダネイとマンフレッド・B・リーの共同のペンネーム。「エラリー・クイーン」のシリーズや、バーナビー・ロス名で書いた『Xの悲劇』『Yの悲劇』などが有名

プロフィール詳細へ

エラリー・クイーンに関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品