幼い瞳のふるさとカメラ

エム・ナマエ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784750000978
ISBN 10 : 4750000973
フォーマット
出版社
発行年月
2001年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
18cm,1冊

内容詳細

人生は長い。またたく間に過ぎてしまったように思えても振り返れば人生は長い。でも心のふるさとはやっぱり幼年時代。

【著者紹介】
エムナマエ著 : 1948年、東京生まれ。1970年、慶応義塾法学部在学中よりイラストレーターとしてデビュー。主に絵本作家として活躍。1986年、失明と同時に人工透析導入。作家に転身。1989年、処女長編童話で児童文芸新人賞。1990年、全盲の画家として復活。1992年、サンリオ美術賞。1998年、ニューヨーク個展。2000年、全米デビュー。著書に愛育社より「いつか誰でも」「やっぱり今がいちばんいい」「道くる道 道いく道」「鍵の心」等、言葉の本シリーズと詩画集「世界はいつもファンタジー」。自由国民社より絵本「世界でいちばん長い夜」。他多数

スネル博子 : 愛媛県出身。武庫川女子大卒。南海放送局、東京FMでアナウンサー。英国生活を経て翻訳家へ。訳本に自由国民社より「オラ、サバ、チェリオの地球冒険の旅」、「森におかえり」、愛育社より「世界はいつもファンタジー」など。東京書籍「English Grammar」などにイギリス生活に関するエッセー執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ソーダ さん

    図書館で偶然手にした本でしたが、この本に出会えてよかったです。 エム ナマエさんの言葉はどれも私の中にすーっと入ってきて、とても心に響きました。 絵もじんわりとした温かさがあり、大好きです。 ぜひ他の本も読んでみたいと思いました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品