エミリー・S・ローゼンバーグ

人物・団体ページへ

アメリカは忘れない 記憶のなかのパールハーバー

エミリー・S・ローゼンバーグ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784588366048
ISBN 10 : 4588366041
フォーマット
出版社
発行年月
2007年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
飯倉章 ,  
追加情報
:
20cm,332p

内容詳細

「記憶/歴史的記憶」の概念を用いながら、現代メディアを介して操作された聖像としての「パールハーバー」を、9.11テロ後の世界までたどって吟味し、多角的な視点からアメリカの歴史と文化を読み解く。

【著者紹介】
エミリー・S・ローゼンバーグ : マカレスター大学教授を経て、現在はカリフォルニア大学アーヴァイン校歴史学科教授を務めている。20世紀アメリカの歴史を、国際関係、社会史、文化史、ジェンダー、人種、歴史的記憶といった多様な切り口から分析している。また、アメリカの対外関係史研究者の学会であるSociety for Historians of American Foreign Relationsの会長を務めるなど、アメリカ史の学会でも活躍している

飯倉章 : 1956年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒。国際大学大学院修士課程修了(国際関係学修士)。城西国際大学人文学部教授。近現代の日米・日欧関係史や政策決定論を専門としている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • デューク さん

    「パールハーバー」が米国のアイコンとなるまでの歴史。 日米貿易摩擦の際も、9.11 の際も、「パールハーバー」は米国の危機の象徴として、国民に団結を呼びかける象徴として使われてきた。真珠湾攻撃以上に米国が被害を被った戦いは数多あり、真珠湾攻撃以上に米国が衝撃を受けた事件も数多ある。だがその中で、なぜ「パールハーバー」だけが繰り返し使われてきたのか。ある出来事が歴史となっていく過程と、歴史が今に至るまで生き続けるメカニズムを解き明かした一冊。おすすめ

  • funuu さん

    まだ、パールハーバーが攻撃されアメリカ軍の被害者か多かったので、ルーズベルトや現地の司令官やマッカーサーの責任まで、まだ追求しその論文等があるのがアメリカだとわかった。日本で、昭和天皇の戦争責任や東条英機の東京裁判の無実を論ずるのは皆無。やはり、聖書の国の人びとと我々は違う。

  • メルセ・ひすい さん

    8-46 赤145 訳?… 要領…米国のトラウマ・今も真珠湾の記憶が・・・ 原爆投下の擁護??同時多発テロ?が発生し「新たな恥知らずな蛮行」という表現が。…太平洋戦争、開戦当時・大統領ローズベルトは真珠湾攻撃を事前に察知していた…説? 日系人の虐待。肉食社会の凶暴さ。連想ゲーム。客観的に自国の行為を見ることのできない傲慢国家。白人・基督教カトリック至上主義。人間中心主義。インディアン・ハワイ・フィリッピン・メキシコ略奪の忘却。…                      

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

エミリー・S・ローゼンバーグ

マカレスター大学教授を経て、現在はカリフォルニア大学アーヴァイン校歴史学科教授を務めている。20世紀アメリカの歴史を、国際関係、社会史、文化史、ジェンダー、人種、歴史的記憶といった多様な切り口から分析している。また、アメリカの対外関係史研究者の学会であるSociety for Historians 

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

  • 『サピエンス全史』の著者が描く衝撃の未来『ホモ・デウス』 我々は不死と幸福、神性をめざし、ホモ・デウス(神のヒト)へと自らをアップグレードする。そのとき、格差は想像を絶するものとなる。世界的ベストセラーが待望の邦訳。 HMV&BOOKS online|2018年9月6日(木)
  • なぜ日本人は幸福を感じられないのか? 物質的豊かさと便利さを実現したにも関わらず、なぜ日本人は幸福を感じられないのか。社会思想家の著者が資本主義の行き着く先を語る『さらば、資本主義』。 HMV&BOOKS online|2015年10月19日(月)
  • アメリカの転換期1950年代の正体を暴く 越智道雄×町山智浩の巻末対談も見逃せない!ピュリッツアー賞作家、デイヴィッド・ハルバースタムの『ザ・フィフティーズ 1950年代アメリカの光と影』がちくま文庫で登場! HMV&BOOKS online|2015年9月16日(水)
  • 齋藤佳子「信じる! 伝える! 実現する!」 TBS人気番組『マツコの知らない世界』でプレゼンターを務めた「全人類を応援する元NFLチアリーダー」齋藤佳子の、周りも元気にしてしまう超ポジティブな生き方とは? HMV&BOOKS online|2015年9月10日(木)
  • 話題の本「日本国最後の帰還兵 深谷義治とその家族」 8/13「トリハダ(秘)スクープ映像100科ジテン」(テレ朝19時〜)にて、1978年に「最後の帰還兵」として中国から帰国した深谷義治さんが取り上げられました。 HMV&BOOKS online|2015年8月14日(金)
  • 視覚が、触覚が、嗅覚が、あなたの思考を操っていたとしたら…? 人の思考や判断は、知らず知らずのうちに何ら合理性のない、 五感からの情報に大きく左右されている―そんな驚きの研究結果がこの10年で続々と発表され、心理学の世界で注目を集めている「身体化された認知」とは? HMV&BOOKS online|2015年8月13日(木)

おすすめの商品