エミリー・モノッソン

人物・団体ページへ

闘う微生物 抗生物質と農薬の濫用から人体を守る

エミリー・モノッソン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784806715535
ISBN 10 : 4806715530
フォーマット
出版社
発行年月
2018年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
227p;20

内容詳細

目次 : 第1部 自然の味方(私たちを守る細菌/ 畑で働く微生物)/ 第2部 敵の敵は友(感染者に感染するもの/ 農薬に代わる天然科学物質)/ 第3部 遺伝子が世界を変える(病気に強い遺伝子組み換え作物/ 次世代のワクチン)/ 第4部 敵を知る(新たな農業革命/ 診断の未来)

【著者紹介】
エミリー・モノッソン : 環境毒物学者、ライター、編集者。ローニン・インスティテュートの独立研究者。マサチューセッツ大学アマースト校、非常勤教授

小山重郎 : 1933年生まれ。東北大学大学院理学研究科で「コブアシヒメイエバエの群飛に関する生態学的研究」を行い、1972年に理学博士の学位を取得。1961年より秋田県農業試験場、沖縄県農業試験場、農林水産省九州農業試験場、同省四国農業試験場、同省蚕糸・昆虫農業技術研究所を歴任し、アワヨトウ、ニカメイガ、ウリミバエなどの害虫防除研究に従事し、1991年に退職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Kayo Miyashita さん

    人体への抗菌薬、農作物への農薬の濫用に警鐘を鳴らしつつ、それらの有用性も事例をもって語られています。有益な微生物を守りつつ病原菌をゼロにしなければならないこと、自然界を守りつつ病害虫も防がなければならないことを並列して述べられていて、共感できる内容でした。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

エミリー・モノッソン

環境毒物学者、ライター、編集者。ローニン・インスティテュートの独立研究者。マサチューセッツ大学アマースト校、非常勤教授

プロフィール詳細へ

物理・科学・医学 に関連する商品情報

おすすめの商品