エミリー・ホーキンス

人物・団体ページへ

妖精図鑑

エミリー・ホーキンス

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309290904
ISBN 10 : 4309290906
フォーマット
出版社
発行年月
2020年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
63p;28X32

内容詳細

この本は、1920年代に植物博士のエルシー・アーバーによる妖精についての研究成果をもとに、まとめられたものです。好きな食べものや住んでいるところ、そして空を飛ぶための体のしくみや動物たちと協力してくらしている様子などについて、くわしく紹介しています。たくさんの妖精や生きものがくらすこの世界を愛し、その生息地を守りたいと願う仲間たちのためにこの一冊は書かれました。

目次 : 妖精のひみつのくらし/ 妖精とはなにか/ 妖精の体のしくみ/ 妖精の羽/ 妖精の一生/ かくれんぼの名人/ 世界の妖精たち/ 妖精の生息地/ 草原と庭の妖精/ 森と林の妖精/ 山と丘の妖精/ 水辺の妖精/ 海辺の妖精/ ジャングルの妖精/ 砂漠とサバンナの妖精/ 南極と北極の妖精/ 家の妖精/ 妖精の毎日/ 妖精と植物/ 毒草の庭/ 妖精と動物/ 妖精の天敵/ 妖精の言葉とひみつの文字/ 妖精を見つけたいあなたに

【著者紹介】
エミリー・ホーキンス : イギリス、ウィンチェスター近郊に在住の児童書作家。ノッティンガム大学で英文学の学位を最優等で取得。多彩なテーマで40冊以上を執筆。神話、民話、物語への興味を活かして制作した「―ology(〜学)」シリーズは全世界で累計1800万部以上売れている

ジェシカ・ルー : アメリカ、テネシー州在住のイラストレーター。植物と動物の愛好家でもある。抑えた色味で生き生きとリズミカルに表現された絵は、細部まで描き込まれ、かつて存在したような懐かしい世界の美しさを思わせる

小林玲子 : 国際基督教大学教養学部卒業、早稲田大学大学院英文学修士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • starbro さん

    気になっていた妖精図鑑を読みました。本書によると妖精は卵から生まれ、ミニチュアの昆虫人間のような感じです。また五大陸+南極・北極と世界中どこにでも生息しているとのことです。かなりリアルですが、ティンカーベルのように美しい妖精は存在していない模様でした(笑)

  • skr-shower さん

    ブックカフェ。昔、お菓子のおまけについていた絵ほど可愛くはなかった…まぁ、美しい妖精は人間の願望だから仕方ない。

  • 茶々吉(パーソナリティ千波留) さん

    2021年3月17日放送の みのおエフエム「図書館だより」で紹介するために読了。妖精が実在するものとして、大真面目に分析している。 体の仕組みや成長過程、生息地など、まさに図鑑としてまとめられている。 それを見ているうちに、妖精は本当にいる気がしてくるくらい、細密に描かれていることに感動した。 ただし、この本は読み手の感性によっては、全く受け入れられない人もいると思う。

  • kaz さん

    絵本のような、諸々の妖精の画集のような、不思議な本。図書館の内容紹介は『庭の妖精、海の妖精、山の妖精、ジャングルの妖精、砂漠の妖精…。世界中のあらゆる妖精が、どこでどうやってくらしているのか、どうしたら見つけられるのか、そのひみつを美しいイラストで紹介』。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

エミリー・ホーキンス

イギリス、ウィンチェスター近郊に在住の児童書作家。ノッティンガム大学で英文学の学位を最優等で取得。多彩なテーマで40冊以上を執筆。神話、民話、物語への興味を活かして制作した「―ology(〜学)」シリーズは全世界で累計1800万部以上売れている

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品