エマニュエル・トッド

人物・団体ページへ

世界像革命 家族人類学の挑戦

エマニュエル・トッド

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784894342477
ISBN 10 : 4894342472
フォーマット
出版社
発行年月
2001年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
21cm,218p

内容詳細

家族構造分析を軸とする斬新な方法で世界史を塗り替えた『新ヨーロッパ大全』のトッドが呈示する、家族構造からみえる全く新しい世界のトータルイメージと理論的可能性。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Z さん

    この人に対する入門書といっていいと思う。著者のベースの家族構造の類型をわかり易くかいており、かつ、ある特定の家族構造が始めからあったわけではないので、地理的に家族構造が分離していた場合、どちらが後で、どちらが先かなど、類推する方法なども紹介している。わかりやすいです

  • in medio tutissimus ibis. さん

    「読むに値する著作とは、そこに書かれ知恵る事の全てが真実であるか否かに関係なく、知的興奮を誘い、読者を挑発して新たな開拓に向かわせるものである」。

  • うにもろこし さん

    多分この薄い本一冊読めばトッドの言いたいことの7割ぐらいはつかめるようになる。内容を支持するかはともかく世界規模の直系家族やら共同体家族やらの分布の詳細な地図があるので他のことにも使えそう。なかなかほかの本では味わえない世界観の壮大さと簡潔さなので、読んでみるといいと思う。

  • 光君 さん

    最近読んだ本の中で最も衝撃を受けた。なぜロシア・中国・ベトナム・キューバで社会主義が席巻したのか、なぜ日本とドイツは第二次世界大戦にのめり込んで行ったのか、なぜフランスで自由・平等を掲げる革命が起きたのか、なぜアメリカでは自由が声高に叫ばれる一方で平等は抑圧されるのか……これらはすべて家族構造から説明できる、というのが著者エマニュエル・トッドの主張である。まだ仮説の段階であるそうだが、本書での説明には十分に説得力がある。ヨーロッパを題材にそのことの実証を試みた『新ヨーロッパ大全』も合わせて読んで欲しい。

  • るりこ さん

    目から鱗。世界のイデオロギーの差異が、家族制度、人類学から読み解けるなんて。個人的には、言語学的アプローチの方が興味津々だった。口蓋垂のr、う〜ん、おもしろい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

エマニュエル・トッド

1951年フランス生まれ。歴史家、文化人類学者、人口学者。家族制度や識字率、出生率に基づき現代政治や社会を分析し、ソ連崩壊、米国の金融危機、アラブの春、英国EU離脱などを予言

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト