おしりに口づけを

エペリ・ハウオファ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784000223867
ISBN 10 : 4000223860
フォーマット
出版社
発行年月
2006年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
19cm,240p

内容詳細

近代医学から民間療法まで、ありとあらゆる治療を受けた男のケツの穴。一体、誰が治してくれるのか、どうしたら苦痛は止むのか。痔をめぐるトラブルを、旧植民地国家が持つ社会矛盾の寓意を含みつつ描き出す。

【著者紹介】
エペリ・ハウオファ : 文化人類学者、作家。1939年パプアニューギアにてトンガ人宣教師のもとに生まれる。トンガ、パプアニューギニア、フィジー、オーストラリアなどで教育を受け、オーストラリア国立大学から博士号(文化人類学)を取得。1978年から81年までトンガ王国で王室副秘書官を務める。1981年から南太平洋大学スバ校(フィジー)教授(社会学)。現在は同大学オセアニア・センター長。デビュー小説は『Tales of Tikongs』(1983)

村上清敏 : 1949年生まれ。上智大学大学院文学研究科修士課程修了。専門はアメリカ文学、ネイチャーライティング。金沢大学文学部教授

山本卓 : 1967年生まれ。東北大学大学院文学研究科博士課程退学。専門は植民地を題材にしたイギリス小説研究。金沢大学教育学部助教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • りつこ さん

    史上初のお尻小説。しかもフィジーの人が書いた本を読むのはきっとこれが初めてだと思う。まぁとにかくこの主人公オイレイのお尻が気の毒で気の毒で…。元ヘビー級チャンピオンで島の英雄もお尻をこんなにやられちゃったらなすすべもないわな…。抱腹絶倒のおケツ話が繰り広げられるのだが、実はオセアニア地域の歴史と政治の隠喩でもあるという恐ろしい小説なのだ。とは言え冒頭の作者の序文から大笑いできるので、難しいこと抜きでこのお尻小説に浸るがよろし。

  • 渡邊利道 さん

    トンガ人英語作家の長編。元ボクシングヘヴィー級のチャンピオンで町の名士オイレイは、ある朝強烈な肛門の痛みに悶絶し、近代医療から呪術までさまざまな治療を地獄巡りに巡って行く。抱腹絶倒のラブレー的な肛門小説のケッサクにして、南太平洋のズタズタにされ折れ曲がってでたらめなツギハギで生きる文化が浮かび上がってくるポストコロニアル文学の傑作。夫婦関係の描写がとても良い。

  • hirayama46 さん

    おしり痛い痛い小説。作中にこれだけ「ケツ」という単語が頻出する小説もそうそうないだろうな……。おしりというものはラブアンドピースだということがわかりました。ゆかいゆかい。

  • サラ.K さん

    もうメタメタなお騒がせお笑いおケツストーリー。 テンポよくこれでもかと悪態を盛り合わせ、ジェット噴射で味付ける。 オイレイ自身はたいへん苦しんでいるのだが、こちらは笑いを殺しきれない。人物一人ひとりがアクが強く、モデルがいるのかしらんと思ったり。しかしわたしにはヨガとかバブとかにはイマイチ魅力を感じなかったので、そこはちとマイナス。

  • ishimps さん

    国際社会の中で太平洋諸島国家の置かれた位置と、人体の中で肛門の占める位置がアナロジーになっていることを種明かしされないと、ただの痔のコメディで終わる。でも本当は全方向的に皮肉と隠喩をばらまく一級のポストコロニアル文学。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

エペリ・ハウオファ

文化人類学者、作家。1939年パプアニューギアにてトンガ人宣教師のもとに生まれる。トンガ、パプアニューギニア、フィジー、オーストラリアなどで教育を受け、オーストラリア国立大学から博士号(文化人類学)を取得。1978年から81年までトンガ王国で王室副秘書官を務める。1981年から南太平洋大学スバ校(フ

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品