エドヴァールト・ラジンスキー

人物・団体ページへ

皇帝ニコライ処刑 下 ロシア革命の真相

エドヴァールト・ラジンスキー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784140801079
ISBN 10 : 4140801077
フォーマット
出版社
発行年月
1993年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
381p;20

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • しん さん

    ロシア革命によって幽閉されたニコライ二世とその家族達が徐々に追い詰められていく様がとても息苦しい。歴史の教科書ではロシア革命が起り、スターリンによる粛清が起こったとさらりとあるが、アナーキズムに支配されたロシアで何が起こったか、具体的な話を読んでいくと人の命がとても軽く凄惨の一言だ。ロシア革命で生まれたチェッカーがその後KGBとなり今のロシアに息づいている。 それにしても、なんの罪もない皇女や皇子が銃で撃たれる様は同じ子供を持つ身としてもおぞましくかなしい。

  • 印度洋一郎 さん

    下巻はニコライ一家がシベリアに幽閉されて、処刑されるまで、そして、その後現代まで続く余波について。当時、国民の支持を失っていたニコライ一家は、各方面にとって厄介者になっていて、革命政権内部でも各勢力の思惑によって、流刑地も二転三転という有様に。一家自体は厳しいなりきに平穏に暮らしていたようだが、ボルシェビキ内部の暗闘がややこし過ぎて、途中で何度も読み直した。問題の処刑に関しては、当事者、関係者の証言を多数引用しているが、何が起こったのがよくわからないというのが正直な印象。死後も一家の生存伝説は延々と続いた

  • ケニオミ さん

    最後は室内で銃殺されたが、服に宝石類(ノマノフ家の秘宝?)を縫い付けていたため、撃てども撃てどもなかなか死ななかったらしい。その後の秘宝の行方はどうなったんだろう。

  • nukuteomika さん

    終始変に感傷的で好きになれなかった。元劇作家ということを考えればむしろ当然なのかな

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

  • 『サピエンス全史』の著者が描く衝撃の未来『ホモ・デウス』 我々は不死と幸福、神性をめざし、ホモ・デウス(神のヒト)へと自らをアップグレードする。そのとき、格差は想像を絶するものとなる。世界的ベストセラーが待望の邦訳。 HMV&BOOKS online|2018年9月6日(木)
  • なぜ日本人は幸福を感じられないのか? 物質的豊かさと便利さを実現したにも関わらず、なぜ日本人は幸福を感じられないのか。社会思想家の著者が資本主義の行き着く先を語る『さらば、資本主義』。 HMV&BOOKS online|2015年10月19日(月)
  • アメリカの転換期1950年代の正体を暴く 越智道雄×町山智浩の巻末対談も見逃せない!ピュリッツアー賞作家、デイヴィッド・ハルバースタムの『ザ・フィフティーズ 1950年代アメリカの光と影』がちくま文庫で登場! HMV&BOOKS online|2015年9月16日(水)
  • 齋藤佳子「信じる! 伝える! 実現する!」 TBS人気番組『マツコの知らない世界』でプレゼンターを務めた「全人類を応援する元NFLチアリーダー」齋藤佳子の、周りも元気にしてしまう超ポジティブな生き方とは? HMV&BOOKS online|2015年9月10日(木)
  • 話題の本「日本国最後の帰還兵 深谷義治とその家族」 8/13「トリハダ(秘)スクープ映像100科ジテン」(テレ朝19時〜)にて、1978年に「最後の帰還兵」として中国から帰国した深谷義治さんが取り上げられました。 HMV&BOOKS online|2015年8月14日(金)
  • 視覚が、触覚が、嗅覚が、あなたの思考を操っていたとしたら…? 人の思考や判断は、知らず知らずのうちに何ら合理性のない、 五感からの情報に大きく左右されている―そんな驚きの研究結果がこの10年で続々と発表され、心理学の世界で注目を集めている「身体化された認知」とは? HMV&BOOKS online|2015年8月13日(木)

おすすめの商品