エドワード リア / エドワード ゴーリー / 柴田元幸

人物・団体ページへ

ジャンブリーズ

エドワード リア / エドワード ゴーリー / 柴田元幸

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309269757
ISBN 10 : 4309269753
フォーマット
出版社
発行年月
2007年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
16×24cm,1冊(ページ付なし)

内容詳細

ジャンブリーズが住むという、海の向こうへふるいに乗って船出した人たち…。ナンセンス詩人リアの傑作5行詩に、奇才ゴーリーが絵を描いた。ふたりのエドワードによる、ナンセンスにあふれた絵本。

【著者紹介】
エドワード・リア : 1812年、ロンドン郊外のホルウェイ生まれ。イギリスの画家、ナンセンス詩人。リメリック詩(5行脚韻詩)に滑稽な挿絵をつけた作品を発表し、ルイス・キャロルなどに影響を与えた。1888年1月29日、サンレモで死去

エドワード・ゴーリー : 1925年、シカゴ生まれ。独特の韻を踏んだ文章と、独自のモノクローム線画でユニークな作品を数多く発表している。アナグラムを用いたペン・ネームを使い分けてたくさんの私家版も出版したため、熱狂的コレクターを生み出した。2000年4月15日、心臓発作のため死去

柴田元幸 : 1954年、東京生まれ。アメリカ文学研究者。東京大学文学部教授。2005年、『アメリカン・ナルシス』でサントリー学芸賞受賞。著訳書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Hideto-S@仮想本屋【おとなの絵本屋 月舟書房】 さん

    ♪うみのかなたのそらとおく ジャンブリーズのすむという あたまはみどり てはあおく ふるいにのって ふなでした♪ 繰り返されるフレーズがだんだん心地よくなってきます。この言葉に添えられている絵がまた、いちいちステキです。ゴーリーとリア、〈二人のエドワード〉の共作というか、リアの詩にゴーリーが絵をつけたもので、『輝ける鼻のどんぐ』と対をなす本。冒険、そして無事生還とハッピーな雰囲気をしゅんとさせるような、最後の不穏な絵は何だろう……。冒頭に描かれた愛猫フォスへ捧げた献辞がキュートです。2007年11月初版。

  • keroppi さん

    【エドワード・ゴーリー誕生日読書会'19】ふるいの船って何?ジャンブリーズって何?頭が青く、手は緑って何?と思ったりするが、テンポのいい文と、すごく変で可愛い絵で、とても楽しくなってくる。不気味じゃないゴーリー。これも好きだ。

  • Vakira さん

    ふるいにのって ふなでした ふるいのふねで うみにでた って ふるいならすぐ沈むやろ!! っと 突っ込んでみる。ところがこのふるいのふね沈まない。???。海は荒れて沈没しそうで空は嵐になりそう。butなんか登場人物はみんな楽しそうで可愛い。冒険だったのかな〜?これも理解するの難しいが、楽しそうでよかった。しかし、きっと何かしらダークなテーマがあるんだろうなぁ〜と思ってしまう。集団自殺と天国なのだろうか?

  • ♠利用停止♠ナイスご無用。詳しくは自己紹介欄で さん

    エドワード・リアはゴーリーお気に入り作家の一人。英語の原詩と訳詩が併記されているのが嬉しい。ゴーリーの独特のペン・タッチやとぼけた表情などが存分に味わえる。「ふるいのふね(Sieve)」で何故に沈まないの?「ジャンブリーズ」って?「ちゃんくりぼあ」って一体何?ゴーリーの楽しげな、それでいて不条理な絵も相まって、読めば読むほど謎は深まるばかりなり。(続)

  • キジネコ さん

    分かった様な気になって、文字に置き換えて「分かった様な」ことを説明しようとすると「分かった様な」気がしてた事がアヤフヤになる・・・難しい事は まあいいやあ〜 絵がカワイイね。詩もカワイイ。翻訳も含めて、楽しめたから それで良い、素敵じゃないか。海を渡る風を感じましたよ ♫

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品