エドワード・ヨードン

人物・団体ページへ

デスマーチ 第2版 ソフトウエア開発プロジェクトはなぜ混乱するのか

エドワード・ヨードン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784822282714
ISBN 10 : 4822282716
フォーマット
発行年月
2006年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
21cm,302p

内容詳細

「失敗プロジェクト」の代名詞となった名著。既存の章を全面的に見直した改訂版。現在も減ることのないデスマーチ・プロジェクトについて、発生のメカニズム、いかにすればそこから“生還”できるかを鋭く説く。

【著者紹介】
エドワード・ヨードン : ニューヨークを拠点にするコンピュータ関連コンサルティング会社NODRUOY Inc.のCEO。1970年代、構造化分析/設計方法論、1990年代初期コード/ヨードンオブジェクト指向方法論を提唱したことで知られる。ソフトウエア・ジャーナル『Cutter IT Journal』を主宰。ソフトウエアに最も大きな影響を与えた人物として、チャールズ・バベッジ、セイモア・クレイ、グレイス・ホッパー、ビル・ゲイツと並んで「コンピュータ殿堂」(米カリフォルニア州コンピュータ博物館)に入った

松原友夫 : 1950年、早稲田大学専門部機械科を卒業。1956年、日立製作所に入社、1970年日立ソフトウェアエンジニアリングに転属。1991年末に同社を定年退職。その間、数多くの大規模プロジェクトを担当。分野は政府、銀行オンライン、プラント制御、科学計算、基本ソフトなど多岐にわたる。1992年からコンサルタントビジネスを始め、現在に至る。現在、Cutter IT Journalの編集委員会委員、IEEE Softwareの副編集長、編集委員、Soapboxコラムエディター、産業諮問委員会委員を歴任

山浦恒央 : 1977年、日立ソフトウェアエンジニアリングに入社、2006年より、東海大学情報理工学部ソフトウェア開発工学科助教授。大阪大学基礎工学研究科情報数理系後期博士課程単位取得退学。1984年から1986年、カリフォルニア大学バークレイ校客員研究員。2001年から2004年、IEEE Software産業諮問委員会委員。2001年から、法政大学情報科学部非常勤講師(オペレーティング・システム)。2006年から東京大学大学院情報理工学系研究科非常勤講師(ソフトウエア工学)。ソフトウエア工学に興味を持ち、ソフトウエア検証技法、ソフトウエア・メトリクス、設計パラダイム、要求仕様分析などを主な研究テーマとする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ふくみみ さん

    意外とインパクトを感じなかった。読んだ時期が遅かったのと元々こういう分野に興味があって、引用元の文献を読んでいたこともあるのかも。なんとなく一番悪いというか愚かしい結果を導くのは政治や駆け引きな気がする。しかし人間そこからなかなか自由になれませんな。

  • Kazkun さん

    軽めのデスマーチ当事者として読了。納入されたらシステムがどう評価されるかは透けて見え、開発メンバは今を乗り切るしか考えていない。本当に使う人の事を考えたシステムを作るのが当たり前の世界にいつなるのだろうと思いつつ読んだが、政治的な問題がエンドユーザの問題と完全に乖離しているこの世を変えなければ繰り返されるんだろうなぁと実感。エンドユーザの問題は巡り巡って政治問題になるのだが、それには数年を要していた旧時代が今年数ヶ月に短縮されてきたことは良い契機なのかもしれない。

  • 紙魚 さん

    デスマーチにおいては形式主義を捨て徹底して実用主義を貫くべしという主張は、現代のプロセスよりプラクティスを重視するアジャイル開発につながっているような気がする

  • akanishi さん

    現実的な解決策が書いてあるわけではないのだが、それも含めてデスマーチは何かを示した著。

  • ぇぅ さん

    折衝しろ、メンバー全員と意思疎通・合意をとれ、パフォーマンスを上げようとせず無駄を削れ、優先順位をつけろ、完璧を求めるな期限を守れ、レビューはこまめにしろ最後にまとめてするな、生き残れ、だいたい周囲を取り巻く環境のせいだから諦めろ

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

エドワード・ヨードン

ニューヨークを拠点にするコンピュータ関連コンサルティング会社NODRUOY Inc.のCEO。1970年代、構造化分析/設計方法論、1990年代初期コード/ヨードンオブジェクト指向方法論を提唱したことで知られる。ソフトウエア・ジャーナル『Cutter IT Journal』を主宰。ソフトウエアに最も

プロフィール詳細へ

建築・理工 に関連する商品情報

おすすめの商品