エドワード・ゴーリー

人物・団体ページへ

うろんな客

エドワード・ゴーリー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309264349
ISBN 10 : 4309264344
フォーマット
出版社
発行年月
2000年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
14×16cm,1冊

内容詳細

カギ鼻頭のヘンな生き物がやってきたのはヴィクトリア朝の館。とある一家の生活の中に突然入り込んできてそして、それから…。

【著者紹介】
エドワード・ゴーリー : 1925年、シカゴ生まれ。独特の韻を踏んだ文章と、独自のモノクローム線画でユニークな作品を数多く発表している。またE・リアやS・ベケットらの作品の挿画や、劇場の舞台美術なども手がけた。その幻想的な作風と、アナグラムを用いた(Ogdred Wearyなど)ペン・ネームを使い分け、たくさんの私家版も出版したために多くの熱狂的コレクターを生みだした。1960年代、70年代に精力的に刊行された作品群が、90年代に入り再版され、タワーブックスでのユーモアコミック部門のベストセラーとなり、アマゾンコムのアート本部門では上位20位内の常連となっている。2000年4月15日、心臓発作のため死去。享年75歳(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 文庫フリーク@灯れ松明の火(微速前進中) さん

    【エドワード・ゴーリー誕生日読書会イベント】返却期限の都合でフライング感想UP。なんとも不思議なカギ鼻頭の生き物、妙に愛嬌感じる目。〇の目に・の置く位置が絶妙!以前、認知症高齢者の方のグループホーム勤務経験から、「夜ふければ 屋敷の中を 彷徨えど 頭の中は 白河夜船」「気に入りし 物をひそかに 運び去り〜」など、誠に失礼ながら当時のエピソードを思い出していました。深夜に解説読んで声なき爆笑、なるほど納得(^^♪全て短歌形式にした本文も素敵ですが、解説の散文バージョンが好み。味あるイラスト、人気に納得です♪

  • ちはや@灯れ松明の火 さん

    『うろんな客』呼ばれてないのにジャジャジャジャーン。『ベルは鳴れども人影皆無』ピンポンダッシュか。『珍奇な姿に一家仰天』しましまマフラーに白ズックって。『壁に鼻つけ直立不動』こっち見てんぞ。『喉も嗄れはて一家就寝』ほっといて寝よ寝よ。『パンに皿まで牛飲馬食』しれっと着席してるし。『居間の扉の交通妨害』踏んづけてやれ。『鉢を開けると突如出現』蓋閉めちゃえ。『風呂のタオルを一切隠蔽』後で返せ。『頭の中は白河夜船』ムーンウォークしてやがる。そんなこんなで17年、未だ居座るコイツもう客じゃないよ家族の一員だよ。

  • KAZOO さん

    この絵本は面白く何度も読み返してしまいました。絵が非常に不気味な感じですが、解説を読むと、ああなるほど、という感じです。各ページには英語と柴田さんのこれまた雰囲気に合った短文が楽しませてくれます。最後にはきちんとした訳もつけられていてサービス満点です。

  • めろんラブ  さん

    ビビリながらもちょっとワクワク。ゴーリーの絵本を読むときの心情です。本書でもまた怖い展開が、と及び腰でページをめくって・・・これは怖くない!さらにカワイイ!コンバース履いてる!?表紙に描かれている謎の生き物は、確かにタイトルどおり「うろんな客」で、なかなかの傍若無人ぶり。それなのに、なぜか家族みんなが追い出そうとせず、受け入れている様子に?でしたが、あとがきを読んで納得。隅々まで精密に描き込まれた絵には見入らせる力があり、加えて七五調のリズムが心地よい柴田さんの訳も冴え渡り、安心して楽しめる一冊です。

  • 匠 さん

    横長の絵本なのにページ開いたら訳が縦書きでしかも短歌調。そこがまず新鮮だった。うろんなって何だ?客ってどういう意味だ?と読み進めながら邪悪だけどなぜか憎めない存在にあれこれイメージを膨らませるも良し。でも解説を読んだらほぉほぉなるほどそういうことか!とすごく納得できた。客と思えば何があってもいい距離感でいられるかもしれない。また、客であると思えばこそ気持ち良く送り出せる部分と、せつない部分ともがあるような気がした。なかなか深いこの作品、何度も読み返していくとまた違った見解ができそう。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

エドワード・ゴーリーに関連するトピックス

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品