エドワード・アーディゾーニ

人物・団体ページへ

チムとうだいをまもる チムシリーズ 9 世界傑作絵本シリーズ・イギリスの絵本

エドワード・アーディゾーニ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784834017199
ISBN 10 : 4834017192
フォーマット
出版社
発行年月
2001年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
47p;27

内容詳細

灯台の異変に気づき、ボートを出し、かけつけたチムたちが目にしたのは、縛られ、気を失って倒れていた灯台守だった…。世代をこえて子どもたちを魅了してきた海洋冒険絵本。

【著者紹介】
エドワード・アーディゾーニ : 1900〜1979。ベトナムに生まれる。父はイタリア系フランス人、母はイギリス人。5歳からイギリスで暮らす。27歳で職業画家として独立。5歳の長男のために描いた『チムとゆうかんなせんちょうさん』が好評を博し、シリーズの始まりとなる。第二次世界大戦中は従軍画家。戦後チム・シリーズを再開し、最後の巻を77歳で発表した。1956年ケイト・グリーナウェイ賞受賞。挿し絵の仕事にファージョン『ムギと王さま』(岩波書店)などがある。生涯で180冊以上の作品を残した

なかがわちひろ : 絵本作家・翻訳家。1958年生まれ。東京芸術大学美術学部芸術学科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • うっきー さん

    シリーズものを、9作まで図書館で借りて順を追って読んだのも初めてで、6歳の娘も私が借りてきたのに、真っ先に一人読みしてました。そのくらい面白いシリーズです。 相変わらずチムの賢さに、感動でした。

  • Lesen さん

    海が穏やかな時ボートのおじさんはよく灯台に連れて行ってくれました。ある嵐の晩、灯台の異変に気付いたチム達は灯台に駆けつけました。海賊達との所は真剣に聞いてました。自分達の出来る事を冷静に、恐れずに出来るという所が良い。ジンジャーが成長しましたね。

  • 魚京童! さん

    そうね。

  • ツキノ さん

    チムシリーズ第9弾。灯台の断面図があるぞ!とうだいもりとアーニーとチムたち3人の交流。そして大ピンチ!シャーロットの淡い恋心がかわいい。

  • あるちゃ さん

    チムのお父さん!息子が海にまつわる話をしたときはスルーしたら危険だって気づかないと!なんて思ってしまいました。 相変わらずのチムとジンジャーの勇敢っぷりは見ごたえありでしたし、シャーロットの初恋(?)の顛末はほっこりとしましたし最後は切なくもありました。 灯台って今はメンテこそは人がやってるんでしょうけど、今はコンピューター制御ですよね? それとも、船に搭載されている機器がハイテク化して灯台はもはや使われていないのでしょうか? でもかつては命がけで海に出る人たちがいたように、命がけでそういう人たちを守る人

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品