荒野、わが故郷

エドワード・アッビ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784796610049
ISBN 10 : 4796610049
フォーマット
出版社
発行年月
1995年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
317p;20

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ハチアカデミー さん

    原書は1977年刊行。ネイチャーライティングの名著でありながら「ぼくはナチュラリストではない」という挑発的な文章から始まる、日記、エッセー、雑文ごったまぜの一冊。強烈でアジテーショナルな文章と、人間社会(と資本主義)への痛烈な批判が、それらを文学たらしめている。身辺雑記にも近いが、「私小説」にならないのは、自然に対する己の感情や思考がどこから湧き上がるものなのかを見つめようという己への冷徹な眼差し志向ゆえ。森林、砂漠、荒野などの中の、意味化される前の自然=ウィルダネスを求める思考の旅を味わうことができる。

  • きのたん さん

    ずっと読みたかった作家の本をやっと読んだ。思い入れとは裏腹に、何か小難しい理論を言ってる訳でもなく淡々とアメリカ南西部の自然を描写していく。こんなの見慣れた風景じゃないか。乾いた線路も、山の針葉樹も・・・うぅ、もう帰れない、あの懐かしい自然(涙)!!完全にはまってしまった。 昔、お金持ちの奔放な奥様に「人のいないとこは価値がある」と教わった。今でも全くその通りだと思う。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品