エドモンド・ハミルトン

人物・団体ページへ

フェッセンデンの宇宙 河出文庫

エドモンド・ハミルトン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309463780
ISBN 10 : 4309463789
フォーマット
出版社
発行年月
2012年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
457p 15cm(A6)

内容詳細

天才科学者フェッセンデンが実験室のなかに創った宇宙。それを見てしまった「ぼく」は―。名作中の名作として世界中で翻訳された表題作他、「向こうはどんなところだい?」「翼を持つ男」など稀代の奇想SF作家の代表作を収録、さらに文庫版のための新訳3篇を加えた全12篇。情感豊かなストーリー・テラーがおくる物語集。

【著者紹介】
エドモンド・ハミルトン : 1904‐1977年。米国オハイオ州生まれ。スぺースオペラの巨匠にして奇想SFの名手で、のちにSFの定番となる数々のアイデアを考案

中村融 : 1960年生まれ。翻訳家・アンソロジスト(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ゆかーん さん

    『SFの代名詞』といっても決して大袈裟ではない、絶対的な面白さが詰まっています!!一番面白いのは何と言っても『フェッセンデンの宇宙』。実験室に小宇宙を作り出してしまった科学者が、まるでおもちゃのように宇宙に漂う惑星をいじくります。私たちがいる宇宙も、彼の手の上で操られようとしているとしたら…考えると恐ろしいものです!その他にもオススメ作品が満載!『帰ってきた男』『翼をもつ男』『夢見る世界』『世界の外のはたごや』『凶運の彗星』などなど、SF初心者の方には、是非一読してほしい作品ばかりです!

  • 箕田 悠 さん

    「フェッセンデンの宇宙」新旧版が収録されていて読みごたえのある一冊。 個人的には旧版のほうが出だしにインパクトがあって好き。 「向こうはどんなどころだい?」と「翼を持つ男」がお気に入り。 どの話もそこまで長くないのに臨場感があって面白かった。

  • Vakira さん

    エドモンド・ハミルトンはキャプテン・フューチャーの作者だったのでスペース・オペラのイメージ強く、SF好きだったんですが今まで読まずにいました。読友さんの紹介で読んでみたら、いけます。短編集ですがどれも最近読まなくなった王道のSFしてます。それもかなりの発想とジャンルの多岐。宇宙や地球の表現素晴らしく、叙事詩的。久々に王道SF堪能しました。またしても読メに感謝です。(*^▽^)/★*☆♪

  • miroku さん

    「翼を持つ少女・BISビブリオバトル部」で興味を持った本。昔「キャプテン・フューチャー」や「スターウルフ」を読んで、スペオペの人と言う認識しかなかったが、ハミルトンは思ったより多芸だった。実に面白かった♪

  • 亮人 さん

    ハミルトンはキャプテンフューチャーのスペオペヒーローものしか触れてなかったので、寂寥感や感傷を書き分けた作風にびっくりした。白眉は「向こうはどんなところだい?」。光瀬龍の宇宙もの(「勇者還る」あたり?)にも通じる切なさがGOOD。「追放者」も邦題は違和感だが、アイデア・ショートショートとして切れ味バツグン。「帰ってきた男」の、不幸の連続がかえってコメディとなるのも好き。「風の子供」のロリコンと「凶運の彗星」の突然の説明ゼリフの連続はご愛嬌(笑。表題作の新旧は、読メつぶやきで考察会が開けたのも良かった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド