エドマンド・ウォレス・ヒルディック

人物・団体ページへ

スーパースターをすくえ マガーク少年探偵団

エドマンド・ウォレス・ヒルディック

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784251060754
ISBN 10 : 425106075X
フォーマット
出版社
発行年月
1978年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
169p;20

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 遊び人スズキング さん

    懐かしい、40年ぶりです。あの頃のわくわく感を取り戻したくて、また読みました。この感じを、何とかして味わわせたいなぁ。例えば、本の中に暗号文の紙を挟んでおき、後はほったらかしで子ども任せ。解くと次の暗号が。最後まで解いたご褒美は、お菓子詰合せ!ポレポレの丘全体でやってみたいです。

  • ヨッシー さん

    久々に読み返しました。いっやぁ、やっぱりこのシリーズ面白いわぁ。子供の頃にはまりにはまったのもうなずけます。今回扱っている事件も結構本格的で、児童文学ミステリのホワイダニット物としてはかなりのレベルでは。報酬がお菓子というのが、何というかいかにも子供向けで、読んでてほっこりしました(笑)ってか、ブレインズってもうこの時から出てたのね。

  • ホームズ さん

    子供のころに読んでたシリーズですがこれは読んだの初めてかな(笑)『六つのナポレオン』のような展開で面白かった(笑)探偵団の子供たちが真面目に事件を捜査をしているのが面白い(笑)こういう子供のころ読んでいた本を大人になってから読む違った感じで楽しめますね(笑)

  • ぴよぴよ さん

    面白かった。ホームズのナポレオン像的なかんじでワクワク。安心して読めるいい本だ。

  • 永田 誠治 さん

    76年作品。前作が期待以上に面白かったから今作は?と思って読んだけど、同じくらい面白かった。人も死なないし、重大犯罪ではないけど、なぜ?という謎解きに妥協しない探偵団。それに周りの大人は子供の遊びと真剣に取り合ってくれないし。子どもだましのようでリアリティがある。また犯罪を犯してしまった人を引き受けて働かせながら更生させる職場についても描いており、児童書ながら考えさせられる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品