エドガー・アラン・ポー

人物・団体ページへ

モルグ街の殺人

エドガー・アラン・ポー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784861970191
ISBN 10 : 4861970199
フォーマット
発行年月
2005年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
181p;15

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • たむ さん

    世界初のミステリとのこと。でも、それだけあって普通のミステリを期待すると肩透かしを食らった感じ。

  • Ayaka Tamura さん

    お風呂で読めるのがいいですね。でも、「謎解き」の部分が気になってしまうので、いつも長湯をしてしまいます。お風呂で推理小説を読むのは少し危険ですね。

  • しき さん

    探偵小説の先駆者ということで…読んでみたのですが、モルグ街の殺人はこんなのありか!?という結末でしたね、すごくもやもやします…。個人的には【黒猫】が結構好きでした。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

エドガー・アラン・ポー

1809‐1849。アメリカの作家、詩人。推理小説の祖とも言われる。計算された恐怖を創作する「理詰めの芸術派」。旅役者の両親に早く死なれ、27歳のとき13歳の従妹と結婚するが病気で先立たれ、職に恵まれず酒に溺れる。断酒会に参加したものの40歳で死去

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品