エドガー・アラン・ポー

人物・団体ページへ

ポオ詩集/サロメ現代日本の翻訳 講談社文芸文庫

エドガー・アラン・ポー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784061963108
ISBN 10 : 4061963104
フォーマット
出版社
発行年月
1995年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
228p;16

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Tonex さん

    ナボコフの『ロリータ』関連で「アナベル・リイ」を読むため。「ポオ詩集」のみ。オスカー・ワイルドの「サロメ」も収録されているが、またの機会に。▼ポーの詩を元ネタにした二次創作? 日本語のはずだが意味がわからない。意味はわからないが文字の選択と配列に美を感じる。

  • 龍國竣/リュウゴク さん

    ヨカナーンを約翰と綴る。これを見ただけでも、視覚的・聴覚的に新たな創作をしている事が端的に分かる。「大鴉」に代表されるポオの翻訳の美しさは言うまでもない。サロメに関しては角川文庫版の解説と近代劇全集の解題が収録されており、資料的にも価値がある。

  • すすむ さん

    再読

  • すすむ さん

    ☆(図書館) 何度も借りて読んでる。サロメの邦訳は日夏版が一番すき。ポオの詩集もセットになってて大変お得なのに手に入らないのが本当に残念。。。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

エドガー・アラン・ポー

1809‐1849。アメリカの作家、詩人。推理小説の祖とも言われる。計算された恐怖を創作する「理詰めの芸術派」。旅役者の両親に早く死なれ、27歳のとき13歳の従妹と結婚するが病気で先立たれ、職に恵まれず酒に溺れる。断酒会に参加したものの40歳で死去

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品