エトガル・ケレット

人物・団体ページへ

銀河の果ての落とし穴

エトガル・ケレット

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309207803
ISBN 10 : 4309207804
フォーマット
出版社
発行年月
2019年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
229p;20

内容詳細

奇想とリアル、笑いとシュールが紙一重のケレットワールド。ウサギになったパパ、サーカスの人間大砲、戦場に現れるピトモンGOキャラ、脱出ゲーム「銀河の果ての落とし穴」…語りの名手の最新短篇集。

【著者紹介】
エトガル・ケレット : 1967年イスラエル・テルアビブ生まれ。兵役中に小説を書き始め、短篇集『パイプライン』(1992)でデビュー。『突然ノックの音が』(2010)はフランク・オコナー国際短篇賞の最終候補となる。絵本やグラフィック・ノベルの原作を執筆するほか、映像作家としても活躍。2007年には『ジェリーフィッシュ』で妻のシーラ・ゲフェンとともにカンヌ国際映画祭カメラドール(新人監督賞)を受賞している。テルアビブ在住

広岡杏子 : 英国ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)、ヘブライ語・ユダヤ学部卒業。エルサレム・ヘブライ大学ロスバーグ・インターナショナルスクール修士課程在籍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ケイ さん

    泣く時にでる成分が心を癒すなら、この短編達は救いだ。「兵役中に友人の自殺を経験して書き始めた」と後書で知り腑に落ちた。ネジがひとつハズれて、ボタンを少しかけ違えた頭ん中では、自分たちだけの幸せがある。本当はとても不幸な状況なのに。 パパは出ていったのにおうちにいるウサギをパパだと思って大事にするむすめたち、耐えられないほど痛々しく自分たちの論理を持つ少年兵。大砲から飛ばされてイカすと思うサーカスの男。そして、1番気になるのは、彼女がハッパなしにイエスと言ってくれたのかってこと。返事を待つ幸せが伝播してきた

  • 榊原 香織 さん

    イスラエルの作家 ショートショート。 SFではない。やや不条理感はあるが割とリアル。 ところどころ、やっぱりイスラエルなんだなあ、と思うけど、違和感はさほどでもない。 ポケモンGoみたいなので、戦場にしか出ないモンスターが希少価値、て、発想が中近東ぽい。これは日本じゃ出ない発想  ヘブライ語原書からのジカ訳

  • アキ さん

    ウサギがひくひく鼻を動かしている。パパがやってきてくれた。嬉しがる3人の娘たち。ロビーのパパもウサギちゃん。パパ同志仲がよさそう。「父方はウサギちゃん」のユーモアあふれる不思議な世界。「地獄の果ての落とし穴」などイスラエルの作家だけあって短編の中でホロコーストや聖書に関わる話が多いと感じた。「パイナップルクラッシュ」で夕陽を見ながらハッパをやり、キスまでしたアキロブのためにココナッツを木から落とす別の男に嫉妬する気持ちがやるせない。この本がテーマの先月のToi booksの読書会。想像するだけで愉しそう。

  • らぱん さん

    ぶっ飛んだ短編集でかなり好きなカンジだ。ポップでグルーヴ感のある文体で過激なことをやっている。 政治色が強い主題を軽いノリで突っ込んでいき、敵も味方もばっさばさとぶった切る。返す刀で自分も血を流しながらうっかり笑っちゃう逞しさがいい。 登場人物は、屋上から飛んだり大砲で飛ばされたり、ジョイントでぶっ飛んだりぶっ飛ばされたりする。それが市井に生きる普通の人たちの話であり、舞台が戦場のときもあるが、それもまた庶民の日常だというのがイスラエルだ。 耐え難い現実を生き抜くサバイバル的指南書。面白かった。↓

  • ヘラジカ さん

    日本でも社会問題になった"あのゲーム"で戦争と近未来を描いた、笑顔が凍るような作品『フリザードン』、人間の傲慢さと憎しみの不毛を描いた『タブラ・ラーサ』、最後の一文に優しさと切なさが滲み出る『パイナップルクラッシュ』の三篇が出色の出来。次点(と言っても多いけど)としては『鉄クズの塊』『窓』『レジは明日』『バンバ』『GooDeed』が良い。上記作品以外も良作たっぷりで、短い小説ばかりだがクオリティの高い傑作短篇集だった。来月も『クネレルのサマーキャンプ』をグラフィックノベル化した本が発売されるので楽しみだ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

エトガル・ケレット

1967年イスラエル・テルアビブ生まれ。両親はともにホロコーストの体験者。兵役中に小説を書き始め、短篇集『パイプライン』(1992)でデビュー。短篇集『キッシンジャーが恋してく』(1994)で英語圏でも人気を集め、『突然ノックの音が』(2010)はフランク・オコナー国際短篇賞の最終候補となる。ほかに

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品