ウルワシー・ブターリア

人物・団体ページへ

沈黙の向こう側 インド・パキスタン分離独立と引き裂かれた人々の声

ウルワシー・ブターリア

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784750315430
ISBN 10 : 4750315435
フォーマット
出版社
発行年月
2002年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,366p

内容詳細

印パ分離独立後50年を経て、しだいに消えかかっているその陰の歴史を、当時のリーダーたちの視点からではなく、女性や子どもを含む庶民の視点から記録したノンフィクション。

【著者紹介】
ウルワシー・ブターリア : 1952年生まれ。インド初のフェミニズム系出版社「女たちのカーリー」創設者、ジャーナリスト。ジェンダー、開発、メディア、宗派間対立、グローバリゼーション等のテーマについての鋭い社会批評で知られ、とくにジェンダー研究では国際的にも高い評価を受けている

藤岡恵美子 : 1966年、東京都生まれ。国際基督教大学卒業。国際交流基金ジャカルタ日本語センター運営専門員、(財)横浜市女性協会職員などを経て1998年から2001年までインドに住み、デリー大学等で日本語教育にたずさわるかたわら本書の翻訳に取り組む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • sasha さん

    インド・パキスタン分離独立は政治的な英雄を生んだ。しかし、信じる宗教を理由に引かれた国境線によって、一般市民の間には凄まじい暴力の嵐が吹き荒れた。宗派間の抗争、女性の拉致・レイプ、家族の名誉を守る為に行われた家族間の殺人。犠牲になるのはいつも弱い立場の者なんだよな。特に女性を「物」としてしか見ていないことに無性に腹が立つ。命より重い名誉なんて糞くらえだ。

  • カネコ さん

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ウルワシー・ブターリア

1952年生まれ。インド初のフェミニズム系出版社「女たちのカーリー」創設者、ジャーナリスト。ジェンダー、開発、メディア、宗派間対立、グローバリゼーション等のテーマについての鋭い社会批評で知られ、とくにジェンダー研究では国際的にも高い評価を受けている

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品