ちいさくなったパパ 世界の絵本コレクション

ウルフ・スタルク

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784338126113
ISBN 10 : 4338126116
フォーマット
出版社
発行年月
1999年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
23cm,1冊

内容詳細

「どうしておとなは遊べないの」と息子にきかれ、パパは考え、流れ星に願いをかけた。「私を子どもの時のようにしてください」。翌朝、目ざめると…。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • けいこん さん

    ウチの子は楽しんで読んだけど、どちらかというと大人向けの本のような気がする。息子と同じ年齢になって、息子が案外大人だと気付く。子供の頃のやんちゃな自分に戻る。大人の方がずっと自由でわがままだと気付く。

  • うしこ@灯れ松明の火(文庫フリークさんに賛同) さん

    「どうしておとなは、遊べないの?」息子の質問にパパは「私を子どものときのようにしてください」と流れ星に願いをかけた。すると・・。息子と思いっきり遊ぶ為に子供の姿に戻ったパパ。ママが心配しないように置き手紙をすることも忘れません。こういうパパってステキですね。でもパパ!その姿で車を運転しちゃダメですよ!楽しかったです。★★★

  • きゃる さん

    流れ星にお願いをして見事に子どもに戻ったパパは、うまいこと息子のトーマスと友だちになり、1日中遊び倒します。最初はレスリングや滑り台など、子どもらしい遊びをしていたのに、途中からパパが車を持ち出して、レストランやら遊園地やら行っちゃう展開が楽しいです。それから、今までの記憶は全部あるのに、子どもの姿に戻った途端、ふるまいも子どもっぽくなっちゃって、ところどころトーマスにあきれられているのも笑えました。最後の別れはちょっぴり切ないです。日本人では書けないオチでした。

  • どら母 さん

    勤務先小学校の図書館で

  • 亮さん さん

    星に願い事をしたらちいさくなったパパ。パパは自分の子供と童心に帰り遊ぶ。大人は遊ぶことを忘れてる。この言葉が深く突き刺さる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ウルフ・スタルク

1944年生まれ。スウェーデンの人気児童文学作家。1993年に意欲的な作家活動に対しておくられるアストリッド・リンドグレン賞を、1994年に『おじいちゃんの口笛』(ほるぷ出版)でドイツ児童文学賞を受賞

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品