ウラジーミル・ナボコフ

人物・団体ページへ

ナボコフ短篇全集 1

ウラジーミル・ナボコフ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784878933677
ISBN 10 : 4878933674
フォーマット
出版社
発行年月
2000年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,508p

内容詳細

「言葉の魔術師」が贈る短篇小説の醍醐味。英米文学者とロシア文学者による初めての全篇新訳。

【著者紹介】
毛利公美 : 1969年東京生まれ。ラジオ局「ヴォイス・オブ・ロシア」(モスクワ)勤務を経て、現在、東京大学大学院人文社会系研究科・欧米系文化研究専攻(スラヴ語スラヴ文学専門分野)博士課程在籍。訳詩にナボコフ『ロマンス』など5篇(〈ロシア・アヴァンギャルド〉第5巻所収)ほか(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ケイ さん

    『神々』のみ読了。英語で読んでから日本語訳で読むも、単語として理解出来ることが増えるだけで、なかなか捉えるべきところがわからない。語る彼の視線が神なのだろうか。地上に描かれる神は空を向いている。降っている雨。そして、最後には空に向かって手を挙げる。虹を語るのは、晴れたのかしら。数日後に再読しよう。

  • きりぱい さん

    内気で、眺める娘たちを脳内のハーレムに置いていたエルヴィンが悪魔に出会った。あなたが気に入ったからいいものをあげるわ。ハーレムなんてどう?ときた日にゃ!さて結果は・・。タイトルは「おとぎ話」。予想がつきそうな気もするけれど、皮肉な話にも茶目っ気があると楽しい。35篇もあって味わいは様々、「不出来なものでも普段着のスッピンの美女と町角ですれ違った印象を残す」なんて評があったけれど、どうでしょう?偶然、復讐、チョールブの帰還、剃刀、名誉の問題、オーレリアン辺りが好み。諫早訳が多いのは偶然かな。

  • amanon さん

    五百頁というかなりの大部でありながら、短編集ということと、内容の面白さもあって、殆どだれることなく読み切ることができた。その内容の多彩さは勿論だが、おそらく全てのエピソードの主人公が男性であるというのが何となし気になる。とにかく優しさ、理不尽さ、残酷さ、悲哀等々人のありとあらゆると言っていいくらいの様々な側面を克明に描き切ったその手腕に感服。また、言い回しや比喩も独特で、解説にもあるように読み返すごとに色々な発見があるのでは?と思わせる。できることなら四分冊くらいにして、ぜひ文庫化してもらいたい。

  • 王天上 さん

    以前読んだ作品は難解だった印象があるが、短篇は読みやすい。とても豊かで読んでいて幸せな文章で、内容はどうでもいいからとにかくずーっと読んでいたくなる。そのうち長編にも再挑戦してみよう。

  • コウ さん

    いや、これは、ナボコフの入門編としても、じっくり研究派にとっても最適な一冊だと思います。★★★★☆

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品