ウラジーミル・ナボコフ

人物・団体ページへ

アーダ 上 ハヤカワ・リテラチャー

ウラジーミル・ナボコフ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784152003553
ISBN 10 : 4152003553
フォーマット
出版社
発行年月
1977年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
326p;20

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ケイ さん

    ロリータの先をいってしまっている。少年少女の頃から、性も含めて一緒に成長していくなんてステキなことだな。彼ら2人の探求が微笑ましくて、彼らの血縁関係なんてもうどうでもいいではないか。こんなに自然に愛し合っているのだから。なのに、どうして嫉妬が入り込んでくるのだろう。かれらを放ってはおかない周りの若者に、私は眉を吊り上げて睨む。邪魔をしないであげて。妹だけよ、むくれていいのは…。ああ、だから、下巻にいって先を知るのがこわい。完全に作品の虜になってるわ、わたし。

  • Tonex さん

    ナボコフの総決算とされる長篇。ナボコフの書いた小説のうちで最も長い。全五部からなるが、上巻は第一部のみ収録。▼タイトルの「アーダ」は登場人物の名前。恋愛小説だが、「ガーディアン必読小説1000冊」では「Science fiction and fantasy」に分類されている。これは、小説の舞台が「アンチテラ」と呼ばれるパラレルワールドで、その世界の人が妄想する「テラ」という異世界が、我々の住む「現実世界」という設定であるため。▼いとこだと思ったら実の妹だったという話。性的な描写が多い。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品