ウラジーミル・ソローキン

人物・団体ページへ

マリーナの三十番目の恋

ウラジーミル・ソローキン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309208091
ISBN 10 : 4309208096
フォーマット
出版社
発行年月
2020年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
318p;20

内容詳細

美しい三十歳の女性マリーナは、ソルジェニーツィンに傾倒する反体制のピアノ教師。スターリンが死んだ年に生を享け、子ども時代からピアニスト修業を重ねた。父の自殺ののち、祖母に育てられた彼女は、男を愛したことがない。優雅な指としなやかな体をもつ最初の恋人マリヤ、電車に轢かれて真っ二つになったヴィーカ、強盗遊びに大好きだったリューバ、サッフォーの生まれ変わりを自称するニーナ、天使のような顔をした肉感的な唇のサーシャ…。やがて三十番目の恋が訪れたとき、彼女の世界は一変する。『青い脂』とならぶ初期代表作。反体制レズビアンの奔放な性と、旧ソ連の閉塞社会が織りなす奇妙な官能的物語。モスクワ・アンダーグラウンド芸術に参画した若きソローキンによる逆説的ディストピア。

【著者紹介】
ウラジミール・ソローキン : 1955年ロシア生まれ。70年代後半からモスクワのコンセプチュアリズム芸術運動に関わる。83年、当時のソ連を象徴する風景を戯画化した作品『行列』を発表し、欧米で注目を集める。2010年に『氷』でゴーリキー賞受賞。英語圏などでも高く評価され、2013年国際ブッカー賞最終候補

松下隆志 : 1984年生まれ。北海道大学大学院文学研究科博士課程修了。岩手大学准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • そふぃあ さん

    『三部作』を読んで、<全体主義的でない救済などありえるのだろうか?>という問いを感じた。だが、本書を読み終わり、<全体主義は救済になり得るのだろうか?>と思った。 あとがきにも「マリーナが個性から解放され、無個性の集団に加わることは「救い」である」とあり、テーマは共通しているのだろうが、本書には『三部作』よりも強い恐怖を感じた。何故か?それは、身に覚えがあるから。趣味の時間も自分の時間もない労働への奉仕が日本では非常に身近で私も経験したから。だがそれは救済ではなかった。 最後数十ページは苦行()でした。

  • 大石圭太 さん

    マリーナが〈小型コンプレッサー工場〉のセルゲイ・ニコラーイチと出会ってからおかしな調子になってるなと思っていたら、ラスト30ページで「ぎゃっ!」となった。 なんですかこれは

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ウラジーミル・ソローキン

1955年ロシア生まれ。70年代後半からモスクワのコンセプチュアリズム芸術運動に関わる。83年、当時のソ連を象徴する風景を戯画化した作品『行列』を発表し、欧米で注目を集める。2010年に『氷』でゴーリキー賞受賞。13年には『テルリア』、17年には長篇『マナラガ』を発表。英語圏などでも高く評価され、2

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品