ウティット・ヘーマムーン

人物・団体ページへ

プラータナー 憑依のポートレート

ウティット・ヘーマムーン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309207681
ISBN 10 : 4309207685
フォーマット
出版社
発行年月
2019年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
292p;20

内容詳細

絡み合う政、そして性。ある芸術家の性愛遍歴を通して語られる、人間と国家の「からだ」の欲望とは―生きることそのものの動乱と官能を描く、気鋭のタイ作家、長編初邦訳。

【著者紹介】
ウティット・ヘーマムーン : 1975年、タイ中央部サラブリー県ケンコーイ生まれ。バンコクのシラバコーン芸術大学絵画彫刻版画学部卒業。タイ現代文学の最前線を走る小説家として国際的に注目を集める。ビジュアル・アーティストとしても活動。『ラップレー、ケンコーイ』で東南アジア文学賞、セブン・ブック・アワード受賞。2018年に、三十〜五十代の優れた現代芸術家を表彰するシラパトーン賞の文芸部門を、タイ国文化省現代芸術文化局から受賞

福冨渉 : 1986年東京生まれ。タイ文学研究者、タイ語翻訳・通訳者。鹿児島大学グローバルセンター特任講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • しゅん さん

    ある芸術家の性の肖像。タイの近現代史と肉欲の来歴を並走させることによって、求めることが傷つけることに直結する残酷さを表す。人は求めることなしに生きれるのだろうか?そんなことを読んだ後に考えてる。村上春樹の影響は絶大。ただ、形容詞や固有名詞の使い方が率直にすぎて、欲望の複雑さを表現するのにそぐわないのではないかと感じる。

  • 法水 さん

    舞台を観て、『憑依のバンコク オレンジブック』を読み、満を持して原作を読む。主人公カオシンが関わることになる性と芸術、そして政治。訳者の福冨渉さんも仰っていたけど、大江健三郎さんに近いものを感じるな。1991年から現代に至るまでのタイの政治史に通じていると更に楽しめるんだろうけど…(タックシンぐらいしか顔が思い浮かばない。笑)。

  • toshiki さん

    正義を語る醜い声より美しいものが好きだ。美しい音楽、美しい絵画、美しい景色、美しい人。何を美しいと感じるのかは、人それぞれだけど、美しいものに囲まれて生きていたいと思った。

  • 遠藤 悪 さん

    やや翻訳が硬いこともあってちょっと読みづらかった。若気の至り的な内容なのでわざと生硬な訳し方にしたのか。 政治的ステートメントと芸術論と身体感覚を自動筆記する詩的な性遍歴の物語、と片付けてはいけないのだろうが、やや興ざめだった。だが、こういう文学は読む価値があるし読まれるべきと思う。

  • 歯背 さん

    タイの現代史をある芸術家の肉体を通して数十年単位で眺める 彼の眼差しは執拗なまでに他人の身体とその動きを観察していて、それは憑依先を求める亡霊のよう、身体やそこから発せられる言葉で時間と空間を飛び越えていく 若さと美を崇拝するあまり個人に対して一切の執着を持たない芸術家の、乾いた性描写の間に挟まる政治や内乱によって虐げられた人々の叫びと痛み 「きみはそんなふうに微笑してはいけない」と禁じる見る者の傲慢 タイの映画、音楽、AV、インターネットカルチャーの一片も知れて学びがあった

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ウティット・ヘーマムーン

1975年、タイ中央部サラブリー県ケンコーイ生まれ。バンコクのシラバコーン芸術大学絵画彫刻版画学部卒業。タイ現代文学の最前線を走る小説家として国際的に注目を集める。ビジュアル・アーティストとしても活動。『ラップレー、ケンコーイ』で東南アジア文学賞、セブン・ブック・アワード受賞。2018年に、三十〜五

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品