ウォン・ウィン・ツァン
チケット受付中

ウォン・ウィン・ツァン レビュー一覧

ウォン・ウィン・ツァン | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

10件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • 祖国や伝統に「拠りどころ」を持てず、まして自らの名...

    投稿日:2015/07/21

    祖国や伝統に「拠りどころ」を持てず、まして自らの名前にすらアイデンティティーを持てなければ、現実と幻想のはざまを魂はむなしく漂うだけとなるだろう。これは、そんな孤独な魂の放浪に寄り添うBGMなのである。

    水カステラ さん |40代

    0
  • ホンモノの作品というのは作者のイデオロギーを超える...

    投稿日:2015/07/16

    ホンモノの作品というのは作者のイデオロギーを超えるているものだが、ウォンの音楽はイデオロギーに満ち満ちている。といっても「革命的」な表現でもあるわけでもなし。

    水カステラ さん |40代

    0
  • 祖国や伝統に「拠りどころ」を持てず、まして自らの名...

    投稿日:2014/01/29

    祖国や伝統に「拠りどころ」を持てず、まして自らの名前にすらアイデンティティーを持てなければ、現実と幻想のはざまを魂はむなしく漂うだけとなるだろう。これは、そんな孤独な魂の放浪に寄り添うBGMなのである。

    めるじ さん |40代

    0
  • 音楽家というより市民活動家として知られるウォン。 ...

    投稿日:2012/12/20

    音楽家というより市民活動家として知られるウォン。 氏の音は、まさに「癒し」音楽。 いかにも大衆受けを狙ったこのCDの浅薄さは、うわべだけの綺麗ごとで真実を隠し、現実を見据えることを拒むウォンの理想論や空論に通じている。

    めるじ さん

    1
  • 店舗用のBGMに合う音楽を探していて出会ったウォン・...

    投稿日:2010/09/30

    店舗用のBGMに合う音楽を探していて出会ったウォン・ウィン・ツァン。 魅せられて彼のCDはほとんど購入しましたが、一番のお気に入りはこのアルバムです。 月夜の静謐な森の中に迷い込んだような錯覚を受けるピアノ・ソロ。 魂を沈静化させてくれるシンプルで詩的なメロディー。 このピアノの音はキース・ジャレットの「ケルン・コンサート」の音と共通するふくよかで幻想的な響きがありますね。 彼の他にこんな音が出せるピアニストがいたとは驚きです。 今は読書の良き伴侶として愛聴しています。 あまり人に教えたくないとっておきの1枚です。

    kakko さん

    0
  • NHK「にっぽん紀行」テーマ曲「旅のはじめに」が聞き...

    投稿日:2010/04/20

    NHK「にっぽん紀行」テーマ曲「旅のはじめに」が聞きたくて購入。 ・・・がしかし、テレビで流れるバージョンと違う。。。 ちょっと・・・・いや、かなり残念。

    tokyo03 さん

    2
  • レストランで流れているような静かで落ち着く感じです...

    投稿日:2007/04/24

    レストランで流れているような静かで落ち着く感じです。リラックスできます。

    yu-ra-ri さん

    0
  • 童謡というと幼い子供向けの感を持つが、本作品は大人...

    投稿日:2006/07/28

    童謡というと幼い子供向けの感を持つが、本作品は大人が郷愁をかみしめながら、童謡の旋律の新たな魅力を発見するピアノ作品集だ。構成は、最初童謡の旋律をなぞりながら、次第にウォン独自の流れるような旋律に入り、また童謡の旋律に戻ってくるという構成となっており、童謡の旋律にとらわれず、ピュア感、癒し感漂うピアノ作品として聞ける。先入観なく聞いてほしい。

    aki さん

    0
  • 自然に溶け込んでいく優しいメロディで、安らぎたい時...

    投稿日:2004/05/04

    自然に溶け込んでいく優しいメロディで、安らぎたい時にオススメです!!聴けば聴くほど好きになる不思議な魅力があります。

    ズライカ さん |10代

    0
  • 彼のベストアルバムだと思う。どこまでも透明で神秘的...

    投稿日:2003/02/05

    彼のベストアルバムだと思う。どこまでも透明で神秘的で、ピアノの音も素晴らしい。

    sk さん

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%