ウォルト・ホイットマン

人物・団体ページへ

民主主義の展望

ウォルト・ホイットマン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784061590243
ISBN 10 : 4061590243
フォーマット
出版社
発行年月
1992年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
216p;15X11

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • うえ さん

    「非の打ち所のない価値を民主主義がもっているとは言えないからである。実際のところ、おそらく、民主主義は、それ自体では何の価値もないだろう」「民主主義はまた法則である。最も厳密で、最も心を豊かにしてくれる法則である。ところが、民主主義とは法則など投げ棄てて、騒動を引き起こすものだ、と多くの人びとが想像している」「合衆国諸州のそれぞれの神学や社会的規範の現状を見ると、全く外国の手に陥ちたままである…ロンドン、パリ、イタリアは―己れが属している世界にいる時ほど独創的でも優秀でもなく…二番煎じとなりはてている」

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ウォルト・ホイットマン

1819‐1892。アメリカの詩人。1819年ニューヨーク州ロングアイランドに生まれる。父は農民・大工。初等教育を受けた後は、印刷工、教師、新聞記者・編集者、住宅建設などの仕事につく。民主党および自由土地党で政治活動。南北戦争中は首都と戦場で傷病兵の看護活動を行い、自らも健康を害す。首都で官吏の職を

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品