SACD 輸入盤

交響曲第1番 C.デイヴィス&ロンドン交響楽団

ウォルトン(1902-1983)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
LSO0576
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
SACD
その他
:
ライブ盤, ハイブリッド,輸入盤

商品説明

C.デイヴィス&LSO/ウォルトン第1番

リリースごとに円熟味を増す巨匠デイヴィスとロン響の最新アルバムは、ホームグラウンド英国ウォルトンの代表作、交響曲第1番。1934年に部分初演、その翌年に世界初録音を行っていることから、この曲もまたエルガー(LSO.0072)同様にロン響ゆかりの作品。デイヴィスは記録によれば実演ではたびたび取り上げていますが、このたび満を持しての初録音となります。
 激情渦巻く前半2楽章における刺激的で尖がったリズム。 じんわりと匂いたつような弦により抒情美をいっぱいにたたえたアンダンテ。そして輝かしいフィナーレ。ここでは自慢のブラス・セクションの響きがひときわ印象的。いまの彼らの充実ぶりを聴くのにまさにピッタリの内容となっています。おなじみのチームによるとびきりの優秀録音もポイント。(キングインターナショナル)
 CDプレーヤーでの再生も可能な高品位ディスク「SACDハイブリッド」盤と、通常のCD盤が同時発売。

・ウォルトン:交響曲第1番

 ロンドン交響楽団
 コリン・デイヴィス(指揮)

 録音:2005年9月23日&12月4日 ロンドン、バービカンセンター(ライヴ)

 プロデューサー:ジェイムズ・マリンソン
 エンジニア:ニール・ハッチンソン&ジョナサン・ストークス

 (SACD hybrid)
 DSD
 マルチチャンネル
 ステレオ

収録曲   

クラシック曲目

  • Sir William Walton (1902 - 1983)
    Symphony no 1 in B flat minor
    演奏者 :

    指揮者 :
    Davis, Colin, Sir
    楽団  :
    London Symphony Orchestra
    • 時代 : 20th Century
    • 形式 : Symphony
    • 作曲/編集場所 : 1932-1935, England
    • 言語 :
    • 時間 : :
    • 録音場所 : , [Studio]

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
エルガーの1番など、英国物で素晴らしい演...

投稿日:2012/07/09 (月)

エルガーの1番など、英国物で素晴らしい演奏を聴かせてくれているC.デイヴィスの注目の演奏。エルガーの演奏と同じくバービカンセンターでの録音である点が気がかりであったが、本番の音質は素晴らしい。

さもはん。 さん | 大阪府 | 不明

2
★
★
★
★
★
やはりウォルトンの曲はイギリスの宝と再認...

投稿日:2010/12/22 (水)

やはりウォルトンの曲はイギリスの宝と再認識できる名演奏でした。

テリーヌ さん | 兵庫県 | 不明

3
★
★
★
★
★
この曲自体には明るくなかったのですが、幸...

投稿日:2006/08/21 (月)

この曲自体には明るくなかったのですが、幸福な出会いとなりました。’06/09のレコード芸術の海外の評者からの寄稿にこのディスクに関する興味深い記事が出ていました。いわゆる古典だけで終わらない、デイビスはもっと評価されていいと思う。

武蔵 さん | さいた | 不明

2

ウォルトン(1902-1983)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品