フランダースの犬

ウィーダ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784323036021
ISBN 10 : 4323036027
フォーマット
出版社
発行年月
2006年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
29cm,32p

内容詳細

涙なくしては読めない永遠の名作を、いもとようこのイラストで贈るシリーズ第2弾。画家になることを夢見て、おじいさんと愛犬パトラッシュと暮らしていたネロ。だが、幸せな日々は長くは続かず…。

【著者紹介】
ウィーダ : 1839年イギリス生まれ。本名ルイズ・ド・ラ・ラメ。のちにイタリアに移住しそのまま永住。三十代の時に『フランダースの犬』を発表。1908年に他界した

いもとようこ : 兵庫県生まれ。金沢美術工芸大学油絵科卒業。『ねこのえほん』『そばのはなさいたひ』でボローニャ国際児童書展エルバ賞を2年連続受賞。『いもとようこうたの絵本1』で同グラフィック賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • nakanaka さん

    子供の頃「世界名作劇場」で観ていました。改めて、なんという悲劇。涙無しには読めません。貧困への差別が酷く人間の愚かさがこれでもかという程に描かれています。純粋な子供だけが輝いていますね。子供たちも深く胸を打たれたようでした。いもとさんの絵がやっぱり良いです。何かで知りましたが原作のパトラッシュはセントバーナードではないそうで、いもとさんの描いたような犬種だったようです。

  • あーさん さん

    絵本だと話が短すぎる!Σ( ̄□ ̄;)

  • なると さん

    貧しいからと先入観をもち差別する。昔も今もこの考えは根強くある。ネロを探すアロアの叫び声に読み聞かせた娘の胸はやるせなくなった様子/ネロが見たがり、そして最後に見ることができたルーベンスの絵に興味が湧き、調べた。『キリスト降架』アントワープ大聖堂にある三連祭壇画。縦4.2メートルの大作。磔刑に処されたイエスの亡骸が降ろされる場面を描いている。力強い絵です。でもネロが死ぬ直前に見た絵がイエスの亡骸なのか…原作では”パトラッシュ一緒に死のう”と自殺しているそう。希望あふれる絵だったら死ななかったのかも…

  • 水の国の雨巫女。 さん

    《書店》可愛い絵。だけど悲しい話ですね。ラストは、わかっているけど、つい読んでしまう。

  • 遠い日 さん

    絵本として短く端折られていても、やっぱりネロの苦しみと孤独に、わたしの心は反応してしまう。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ウィーダ

1839年1月1日、イギリス・サフォーク州生まれの女性作家。本名はマリー・ルイーズ・ド・ラ・ラメー。20代で小説を書き始め、一躍人気作家に。ベルギーやフランス、イタリアに移り住み、1908年、69歳で生涯を終える。代表作『フランダースの犬』は1872年に発表された

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品