ウィルバー・スミス

人物・団体ページへ

リバー・ゴッド 上 講談社文庫

ウィルバー・スミス

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062733984
ISBN 10 : 4062733986
フォーマット
出版社
発行年月
2002年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
大沢晶 ,  
追加情報
:
561p;15

内容詳細

古代エジプト。眉目秀麗にして多芸多才な奴隷タイタが愛したのは、己が主人の娘ロストリスだった。しかし彼女の想い人は勇敢な没落貴族の青年タヌス。二人は密かに愛を育んでいたが、無垢な若者たちに運命は残酷だった。愛がエジプトの地の命運を左右する!冒険サスペンスの大家が描く壮大なロマン巨編。

【著者紹介】
ウィルバー・スミス : 1933年中央アフリカ・ザンビア生まれのイギリス人。1964年『When the Lion Feeds』を出版。本格冒険小説作家としての確固たる地位を築く

大沢晶 : 京都府生まれ。大阪外国語大学卒業後、新聞記者を経て翻訳家に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • garakuta さん

    図書館本:古代エジプトの話。想像のロマンがロマンを呼ぶ。読書が楽しいと思った本。

  • ときわ さん

    古代エジプト。インテフ侯の奴隷のタイタが綴る物語。奴隷とはいえ、タイタは秀麗な姿で頭も良く、音楽家で建築の才もあり、医者で他にも数々の本を書く。インテフ侯によって男性機能を奪われて、宦官としてインテフ侯のお嬢様ロストリスの側近くでそれはそれは密接にお世話をする。そのロストリス様は密かに想い合うハッラブ侯タヌスと結ばれず、ファラオ マモーセ八世と結婚。その際父であるインテフ侯より嫁資としてタイタを貰い受ける。タイタ、ロストリス、タヌス、インテフ侯、マモーセ八世、ナイル川の地で繰り広げられる壮大な物語。下巻に

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ウィルバー・スミス

1933年中央アフリカ・ザンビア生まれのイギリス人。1964年『When the Lion Feeds』を出版。本格冒険小説作家としての確固たる地位を築く

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品