ウィルバート・オードリー

人物・団体ページへ

機関車トビーのかつやく 汽車のえほん

ウィルバート・オードリー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784591086988
ISBN 10 : 4591086984
フォーマット
出版社
発行年月
2005年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
16×22cm,63p

内容詳細

きかんしゃトーマスの原点「汽車のえほん」シリーズが、原書の刊行から60周年を記念してリニューアル。「トビーとふとっちょの紳士」「トーマスとおまわりさん」「トビーとジェームス」など4話を収録。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • しゃちべえ さん

    トーマス好きな息子のために、原作絵本をかりてみた。1冊に4話入っていて、人間と機関車の関係性だとか距離感だとか、アニメよりもしっくりくる。良い話だわ〜。このままアニメ化すればよかったのに…。特に、苦労人・トビーにまつわる話だったから「スクラップにされちゃうの?」とドキドキしつつ読めた。これはいい絵本だなぁ。挿絵もいい味なので、コタも気になるようで、テレビシリーズの絵本をさしおいてのリピ率。買うなら原作絵本の方がいいなー。要購入検討。

  • いっちゃん さん

    トーマスシリーズなので短いお話かと思ったら、けっこう長めのしっかりしたお話。トビ―がソドー島にきた理由は、歌でしってたけど、もっと詳しく載ってておもしろかった

  • そうすけ さん

    トップハム・ハット卿の孫、スティーブンなんですが、息子にとってスティーブンは映画に出てくる古い機関車スティーブン。同じ名前があるって知った模様。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ウィルバート・オードリー

鉄道好きな英国国教徒聖職者の父のもとに生まれ、子供のころはパディントン駅からブリストル駅までを走るグレートウェスタン鉄道から200メートルも離れていない教区牧師宅で育つ。彼も父を継ぎ牧師となり、1943年、はしかにかかった3歳の息子・クリストファーのために、トーマスと仲間たちの物語を作る。この物語は

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品