ウィルバート・オードリー

人物・団体ページへ

小さなふるい機関車 汽車のえほん

ウィルバート・オードリー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784591088357
ISBN 10 : 4591088359
フォーマット
出版社
発行年月
2005年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
16×22cm,63p

内容詳細

きかんしゃトーマスの原点「汽車のえほん」シリーズが、原書の刊行から60周年を記念してリニューアル。「ピーター・サムとラスティー」「かえってきたスカーロイ」「ダンカンのロックンロール」など4話を収録。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • なにぬねのんたん(*^_^*) さん

    3才の娘がおじいちゃんと「こもどとこしゃん」(←きちんと言えない)で借りてきた本。何でこれ?トーマス出てこないし。一応寝る前に読んだけど反応もいまいち。

  • timeturner さん

    機関車たちの複雑な人間関係(?)にびっくり。相手が子供だからといって現実をたわめていないのはえらいけど、理解されるのかな?

  • ケンタタタ さん

    市立図書館 絵本時代はテレビ時代と車体の色がだいぶ違います。

  • こめ さん

    誰が誰だかわからなくなる。描写もよくわからないところがあって・・ 私が翻訳モノが苦手でかつあんまり汽車・電車に詳しくないことが原因なのかなっ

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ウィルバート・オードリー

鉄道好きな英国国教徒聖職者の父のもとに生まれ、子供のころはパディントン駅からブリストル駅までを走るグレートウェスタン鉄道から200メートルも離れていない教区牧師宅で育つ。彼も父を継ぎ牧師となり、1943年、はしかにかかった3歳の息子・クリストファーのために、トーマスと仲間たちの物語を作る。この物語は

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品