ウィリアム・P・キンセラ

人物・団体ページへ

マイ・フィールド・オブ・ドリームス イチローとアメリカの物語

ウィリアム・P・キンセラ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062111508
ISBN 10 : 4062111500
フォーマット
出版社
発行年月
2002年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
262p;20

内容詳細

野球は単なるスポーツではない。愛であり、美であり、友情であり、人生そのものだ。映画「フィールド・オブ・ドリームス」の原作者が、新しいアメリカンヒーロー・イチローへの「愛」を描いた最高傑作。

【著者紹介】
W・P・キンセラ : 1935年カナダ生まれ。公務員、生命保険セールスマンなどをしながら小説を書き、ヴィクトリア大学、アイオワ大学で学ぶ。短篇作家として知られ、カナダ・インディアンを主人公とする連作短篇集、野球短篇集など多数の作品を書いている。代表作は、ホートン・ミフリン賞を受賞した『シューレス・ジョー』(映画『フィールド・オブ・ドリームス』の原作)など

井口優子 : 長野県生まれ。早稲田大学卒。ジャーナリスト。滞米13年。現在はサンフランシスコ在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ワッピー さん

    キンセラの著書ということで思わず手に取りました。アメリカの神ともいうべき野球への愛を描いたキンセラがイチローをベタホメ。この本書の中でイチローの言動として挙げられているものを読むと、決して悪い意味ではなく周到に計算をしているように感じられますが・・・ワッピーは野球にも興味がないので、イチローの成し遂げた驚異的な成果を知りませんでしたが、「レーザービーム・ストライク」のエピソードには、感動(のようなもの)を覚えました。最終章は、好き嫌いはわかれるかもしれませんが、キンセラファンへの大サービスです。いいなぁ!

  • ロバーツ さん

    大リーグの選手名がおかしい部分があったのが残念。それ以外は読みやすい。

  • 1977年から さん

    2003年

  • むっち さん

    こんなひとがイチローのファンなのでなあ。イチローがアメリカでのファンを評価するのがわかる。フィールとオブドリームスのファンとしてもなかなかおもしろかった。

  • ゆぅか さん

    映画「フィールド・オブ・ドリームス」(原作「シューレス・ジョー」)を振り返りながら、セーフコ・フィールドを「マイ・フィールド・オブ・ドリームス」と呼ぶイチローについて語っている。イチローの態度に大変感心しているがそれだけアメリカ人に謙虚さがないのだろうなと思う。この本も「シューレス・ジョー」も原語で読んでみたい。この本をっかけにまた大好きな映画「フィールド・オブ・ドリームス」を観てまたまた感動した・

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品