ウィリアム・J・ホルスタイン

人物・団体ページへ

メディア・コミュニケーション入門 対応から活用へ

ウィリアム・J・ホルスタイン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784904336137
ISBN 10 : 4904336135
フォーマット
発行年月
2008年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
149p;19

内容詳細

社内の広報戦略を再構築し効果的なメッセージを武器に打って出る。

目次 : 第1章 広報のつまずきは悪夢を招く/ 第2章 広報はなぜ鬼門なのか/ 第3章 コミュニケーションを企業戦略に組み込む/ 第4章 効果的なメッセージを武器に、攻めのメディア対応に打って出る/ 第5章 包囲網の形成を防ぐ/ 第6章 新しいメディアに対応する/ むすび―コミュニケーション巧者になろう

【著者紹介】
ウィリアム・J・ホルスタイン : 編集、取材、執筆などの活動をとおして、企業のCEOや取締役会にかかわりの深いテーマを追いかけており、各種の受賞歴がある。現在は『ニューヨーク・タイムズ』のビジネス欄のコラムを担当し、『バロンズ』『コーポレート・ボード・メンバー』『フォーチュン』『ディールメーカー』『ストラテジー&ビジネス』に寄稿するほか、『ポートフォリオ』に新車のレビューを掲載している

矢島尚 : 慶応義塾大学法学部法律学科、同大学新聞研究所卒。PR会社勤務を経て独立。1970年に(株)プラップジャパンを設立し、代表取締役社長に就任。2005年同社をジャスダック証券取引所に上場。2007年11月より取締役会長に就任し、現在に至る。食品、化学、電機、金融、アパレル・ビューティー。サービス、製薬、医療機関、ヘルスケア、地方自治体、政治など、多岐にわたるクライアント200社以上のPR活動に携わり、危機管理、ブランディング、マーケティングPR、コーポレートPRなど戦略的なPR活動を得意とする

有賀裕子 : 東京大学法学部卒、ロンドン・ビジネススクール経営学修士。企業勤務の後、翻訳に携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ハンギ さん

    企業経営者やその卵たちに向けて、メディアと正しく付き合うのがいかに重要か、ということを強調した内容。日本とは事情が違うようだ。アメリカではウォルマートやサブプライムローンで不当に儲けた会社に対して、マスコミや労働組合、住民団体、NGOなどが連携して(法廷闘争を含め)闘う場合があり、それに対しての対応を間違うと業績の悪化やCEOの交代につながるのだという。しかしそれは逆に誰が企業を率いるかで企業の業績そのものも少しは変わってくるということでもある。またネットやブログなどにも企業は神経を使っているようだ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ウィリアム・J・ホルスタイン

「ビジネスウィーク」「USニューズ&ワールド・レポート」「ニューヨークタイムズ」「フォーチュン」などの新聞、雑誌ほか執筆多数。1973年、アメリカ自動車産業の中心地であるミシガン州東ランシングのミシガン州立大学を卒業。1979年にアメリカの通信社であるユナイテッド・プレス・インターナショナル(UPI

プロフィール詳細へ

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品