男の子が心をひらく親、拒絶する親

ウィリアム・ポラック

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062112024
ISBN 10 : 4062112027
フォーマット
出版社
発行年月
2002年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
313p;20

内容詳細

今、男の子たちが危ない。社会構造や男女の役割が大きく変わりつつある現代、新たな「男らしさ」を求めて困惑する男の子たち。彼らに何が起こっているのか。手を差しのべる方法はあるのか。必読のベストセラー。

【著者紹介】
ウィリアム・ポラック : マサチューセッツ州在住の臨床心理士。ハーバード大学医学部付属マクリーン病院の男性研究センターのディレクター。同大学精神医学部助教授。アメリカ心理協会・男性研究学会の発起人

吉田まりえ : 翻訳家。北海道生まれ。早稲田大学文学部在学中に渡米。ニューヨークで新聞編集、ラジオDJを務めたのち、ソーホーのレストラン・ギャラリーのスタッフに。現在はアンティーク店を経営する傍ら、翻訳活動を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • かめぴ さん

    男の子って・・難しい。。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ウィリアム・ポラック

マサチューセッツ州在住の臨床心理士。ハーバード大学医学部付属マクリーン病院の男性研究センターのディレクター。同大学精神医学部助教授。アメリカ心理協会・男性研究学会の発起人

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品