ウィリアム・ペーン・デュ・ボア

人物・団体ページへ

ものぐさトミー 岩波の子どもの本

ウィリアム・ペーン・デュ・ボア

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784001151299
ISBN 10 : 4001151294
フォーマット
出版社
発行年月
1992年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
21cm,44p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • momogaga さん

    久しぶりに”岩波のこどもの本”シリーズを読みました。外れが無いですね。この本はただ笑うだけでなく、最後に人間の生き方を考えさせられました。ものぐさもほどほどにします。

  • ひめか* さん

    トミーの電気じかけの家は全てが自動。何もしなくても、機械が勝手に動いて体を洗ってくれたり歯を磨いてくれたりする。洋服を着るのも食事をするのも全て機械がやってくれる。こんな機械あったらいいなと思ったことがある人は少なくないだろう。しかし後半は最悪な事態の連続…「どうしてこんなことになっちゃったの?」それはね、あなたが怠け者だからだよってトミーに言いたい。便利すぎることで起きる不幸や、便利に頼り怠けていてはいけないということを、暗に感じさせられる。深読みすれば、現代社会に通じる作品と見ることもできると思った。

  • わんちゃん さん

    まるで私のこと。読みながら苦笑い。ものぐさしまくりのしっぺ返しをちゃんと受け止めて新しい1ページを開いたトミーにあっぱれ‼️そして私も・・・となるかどうかは、お楽しみ。

  • 刹那 さん

    わぁ、ものぐさを追求してますね!でも、お母さんたちがいないのが、なんかなー。そして、食べる量飲む量半端ないねΣ(o'д'o)

  • かいと さん

    電気じかけの家に住んでいるトミー。風で電柱が倒れて、電気が止まってずっとトミーは寝ていたけど、電気が復旧して急にベッドが動いて風呂に入って・・・、というところが面白かった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品