ウィリアム・スタイグ

人物・団体ページへ

ゆうかんなアイリーン

ウィリアム・スタイグ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784915632327
ISBN 10 : 4915632326
フォーマット
出版社
発行年月
1988年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
27cm,1冊

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 佳音 さん

    アイリーン、抱きしめそうになった。おかあさんもおくさまも、お屋敷の人々、ワンちゃん達も素敵❗(*´-`)

  • ♪みどりpiyopiyo♪ さん

    清々しい絵本を読みました。「Brave」な女の子 すてきすてき☆ ■お母さんのために健気に勇敢に立ち向かう女の子と、子供を信じ、誰よりも子供のことを愛しているお母さん。それを受け止め 理解し 見守る大人たち。アイリーンの明るく逞しい性格が、物語のなかにしっかりと描かれて。■昨年読んだ『高慢と偏見』のお陰か、お屋敷と庶民の関係などに思い巡らせながら読むことが出来ました。アイリーン、頑張ったね (◍•ᴗ•◍)♡ (1986年)(→続

  • thayami さん

    母への想い。真摯な想いが、挫けそうになる心の支え。そんな心は、他人にも通じる。時に、楽な道を選びたくなるのも人の心。スジを大切にしたいなぁと、改めて感じさせてくれる。絵は、USのコミック調。時代は、南北戦争後を勝手に想像・・・。アイリーンの豊かな表情。印象に残るのは、やはり、雪の中から這い上がるシーン。決意漲り、歯を食いしばる。思わず応援したくなりますね。

  • 星落秋風五丈原 さん

    母親のために危険をものともせず頑張るアイリーン。

  • ☆ぴよこ☆  「クリスマスに絵本を贈ろう・絵本を読もう」「【読メ絵本部】」 さん

    小学5・6年生のおはなし会で使いました。おはなし会の中盤で気が緩みがちな時間帯なのに、みんなヒシッと聞いているのが良くわかりました。アイリーンの声に共感したのでしょうか。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ウィリアム・スタイグ

1907年、ニューヨーク生まれ。芸術家一家に育つが、大学時代は、全米水球チームを作ったほどのスポーツマンでもある。また、ナショナル・アカデミー・オブ・デザインの一員でもあった。1930年、初めて漫画が雑誌“The New Yorker”に載ると読者の反響が大きく、連載となった。それ以降、漫画を描きつ

プロフィール詳細へ

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品