ペリクリーズ 白水Uブックス

ウィリアム・シェイクスピア

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784560070338
ISBN 10 : 4560070334
フォーマット
出版社
発行年月
1983年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
18cm,183p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • fseigojp さん

    これ辻村寿三郎の人形劇でやってほしい ジェットコースター・ロマンス劇

  • ゆーかり さん

    ロマンス劇第一作。まるで早送りを見ているかのよう。合間に入る進行役の中世詩人ガワーの説明もそれを助長している。すごい勢いで物語が(時間が)進んでいき劇的な事も種々起こるのだがどれも長くは語られず、概ね皆善人、策略家も登場せずで浅いようにも思ったが、“絶え間ない嵐としての人生を表現した劇”というのに成程と思う。ツロの貴族ペリクリーズはアンティオケの姫に求婚するが王の出した謎で父娘の近親相姦を知り逃亡。難破で辿り着いたペンタポリスの王女と結婚、嵐の中での出産、離別、女郎屋に売られる娘等々盛りだくさん。

  • うた さん

    ガワーという時の魔術師に運ばれて、ペリクリーズはオデュッセウスもかくやという波乱に満ちた人生を送る。最初の解いても死、解けなくても死という謎掛けで、これはオイディプスかな?と思っていたら、主筋とは関係のないところで決着したりと、いろいろとジェットコースターではある。いや、この急転直下こそがロマンの本質なのかもしれない。

  • syota さん

    晩年のロマンス劇の幕開けとなる作品。ギリシア時代のペリクリーズ王と王妃セーザ、娘マリーナの、息をもつかせぬ冒険の数々。なにもここまで詰め込まなくても、と思うほど波瀾万丈。正しいものが最後に報われる勧善懲悪の話で、深みは感じられなかったがとにかく面白い。特に、父と娘が偶然再会する場面は、読んでいて涙腺が緩むほどの盛り上がり。プロットを冷静に考えると突っ込みどころは出てくるが、そもそもリアリティを追求した作品ではないので、あまり理詰めで考えず素直に楽しんだ方がお得。

  • viola さん

    久しぶりに再読。シェイクスピアのロマンス劇は結構好きだし、ストーリーも好きなのだけれど・・・『シンベリン』や『冬物語』のほうが上かな。初演の頃からかなり人気のあった作品だそうですね。シェイクスピアらしさ、彼のロマンス劇らしさは感じられつつも、これってシェイクスピアだろうか・・・・?と思わずにはいられない箇所も多く、やっぱり共作なんじゃないかなぁと思ってしまいます。原書まだ読んでいないし、何とも・・・ですけどね。ガワーが語り手となっており、その語りが長すぎて何だかくどくなっているのが残念。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品