ウィリアム・サローヤン

人物・団体ページへ

我が名はアラム

ウィリアム・サローヤン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784828830483
ISBN 10 : 4828830480
フォーマット
発行年月
1987年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
219p;16

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 酸辣湯 さん

    とにかく可愛いアラム。アラムのまわりの大人たちも無鉄砲だったり頑固だったり面白い。 アラムたち純粋な子どもの目線からすると、私たち大人はなんと無駄や言い訳が多く、理屈や建前ばかりで生きていることか。

  • メルコ さん

    「ディア・ベイビー」に続いてサローヤンの作品に浸る。ちょっと甘ったるいくらい濃厚なセンチメンタリズムだが、アルマニア系アメリカ人の疎外感が、いまの自分にはちょうど心地良い。この訳は、主人公と微妙な距離がどこかにある。

  • Naohiko Oikawa さん

    アルメニア系のアメリカの知人に縁のある作家なので読んでみました。 「川で泳ぐ三人の子供と、エール大学出の食料品屋」「機関車三八号という名のオジブウェイ族インディアン」など、異界からやってくる登場人物の存在論的な孤独感と、そんな孤独感を知らない子供のたくましい肯定性とが出会うストーリーが特に好きでした。

  • tegi さん

    アメリカに切り込みを入れる移民由来の世界…というより、中盤くらいまでアメリカだとわからなかったくらいにとびきり濃厚な異世界感が楽しく笑える。しかしやがてアラムくんにも読者にも広いアメリカと世界の様子が垣間見えてきて、ついには旅立つ。この徐々に広がっていく認識、そしてその世界を「まずは信じてみよう」とするあまりといえばあんまりな素直さが、心地いい。

  • くろひきか さん

    最高にこの世界は好きです。このユーモア感覚は絶妙ですね。今だからこそ感じる面白さなのかもしれないですが、電車の中で笑って読んじゃいました、読後感が心地よすぎる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品