ヴァーチャル・ライト

ウィリアム・ギブソン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784042659037
ISBN 10 : 4042659039
フォーマット
出版社
発行年月
1999年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
429p;15

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 藤月はな(灯れ松明の火) さん

    大地震による復興が進まずにスラム化したアメリカ。また、エイズの感染によって性交渉が規制された近未来。そんな世界にエイズに対抗できる男が再び、性交渉によるコミュニティの構成をしようとしていた。法統治がなされていないために生きるために窃盗、買春などをする人々などの描写が見事な中、グロテスクな死体描写、考えを窺わせないウォーベイビーの恐ろしさが際立つ。最早、パンクSFを築き上げたギブソン作品がほとんど、絶版なのが残念すぎる!!

  • Small World さん

    大学時代にサイバーパンクを読み漁っていた私にとって、W.ギブスンはヒーローだったんですよね。久しぶりにギブスンを読んでみたくなったのですが、今はほとんどが絶版になってたりして.....w この第4長編を図書館で借りてきましたが、結末が???なことを除けば、楽しませてもらいました。 

  • ねりわさび さん

    SFカラーの強い電脳3部作とは趣を変えて現代劇に近い舞台設定で構成されている。極秘情報を秘めたVRライトを求めて二重三重の人間関係が織りなされるところは、さすがヒット作家のギブスンの腕の為せるワザと思いました。ガンヘッドなどなどのネーミングセンスも懐かしくて面白かったです

  • 作楽 さん

    好きな人は好きなんだろうな、と思われる作品。装飾のような言葉の羅列を削いだら、意外にまっすぐなんだろうなと思うのだけど。悪辣な言葉や、気持ち悪い描写が目にちかちかして、作者の意図を読み取るのが難しい。たしかにマキシマが読んでそうな感じ。一番有名な作品を読めばよかったかな・・・

  • ビター さん

    黒丸訳も浅倉訳も読めなくなった現在。Zero Historyはいつ読めるやら。で、これなんだけど、とにかく文章がカッコいいのは当然として、断片的に現れる思想というか哲学というかが無性に印象に残る。サイバーでなくともパンクしている。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品